無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画分析研究所 所長 宮城正樹
    新作含む、公開前映画の批評分析を行います。 映画史を俯瞰するようなスタイルと、小説・演劇ほかではなく、映画評でしかできないところに、肉迫せんとしています。 2009年12月11日よりスタートし、ギネスレコーズ却下後の、2015年5月頃より、週3~4作更新としております。厳選した作品分析を、お楽しみください。

音楽・小説分析

  • ">

« 「越年 Lovers」⇒台湾・日本合作 | トップページ | 「花束みたいな恋をした」菅田将暉・有村架純主演 »

2021年1月20日 (水)

実録映画「陶王子 2万年の旅」

4_20210118234201
「のん」ちゃんの

声に乗って展開
 
陶磁器の系譜を壮大に辿る
 
 
1月16日から第七藝術劇場ほか、1月29日からMOVIX京都ほか、プロダクション・エイシアの配給により、全国順次のロードショー。

本作は、2021年製作の日本・中国合作の本編110分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

Ⓒプロダクション・エイシア/NED

1_20210118234901

アニメ「この世界の片隅に」

(2016年製作・弊ブログ分析済み)の、

ヒロインの抑制ある声で

有名な「のん」ちゃんの

ナレーションに乗って展開する、

陶器ドキュメンタリー。

縄文時代などの前世紀から

始まる、陶磁器の系譜なんて、

まあ、かつてない

ドキュではあるんだけど、

さまざまな事物に関する

俯瞰映画の、系列に

入る映画である。

「のん」ちゃんの

全くもって自然体な声が、

まずは目を引く。

陶磁器なんて、

みんな、興味あるかい? 

ないと答える人が

多いかもしれない。

でも、彼女の声に乗って見ていくと、

ドキュながら、あれあれ、

なんかダイナミックで

ドラマティックな物語へと

展開していくのでした。

摩訶不思議!

3_20210118235001

陶器を王子に見立て、

擬人化された「陶王子」

とゆう架空の視点を時おり挿入し、

ゆっくり陶磁器の

世界の中へ入っていく。

日本各地の陶磁器のルーツを

たどるシークエンスから、

徐々に世界各地へと

紡いでゆくスタイルが、

没入度合いを深めているみたい。

粘土の話や陶芸家の探査などの、

ゆったりした話から、

ゆっくりゆっくりと

物語の中へ入り込める。

さらに、スカーレットや緋色など、

自然界のイロイロな色を

焼き込んでゆくところなど、

映画のイロ使いへのスタイルとも

共鳴するようなところが

興味深かった。

2_20210118235001

映画全体に通底するのは、

ポジティブ。

陶磁器・陶王子は、

これからも前向きに生きてゆく。

そんなノリが鑑賞後感を

さわやかにしている。

コロナ禍が蔓延する今こそ、

明日への希望が重要だ。

そんなキモチになれる

絶好の映画です。
 

« 「越年 Lovers」⇒台湾・日本合作 | トップページ | 「花束みたいな恋をした」菅田将暉・有村架純主演 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「越年 Lovers」⇒台湾・日本合作 | トップページ | 「花束みたいな恋をした」菅田将暉・有村架純主演 »