無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画分析研究所 所長 宮城正樹
    新作含む、公開前映画の批評分析を行います。 映画史を俯瞰するようなスタイルと、小説・演劇ほかではなく、映画評でしかできないところに、肉迫せんとしています。 2009年12月11日よりスタートし、ギネスレコーズ却下後の、2015年5月頃より、週3~4作更新としております。厳選した作品分析を、お楽しみください。

音楽・小説分析

  • ">

« 「おもかげ」 | トップページ | 「罪の声」 »

2020年10月25日 (日)

日曜邦画劇場「オレたち応援屋!!」

1_20201021233401
ジャニーズの新星たち

「A.B.C-Z」主演
 
みんな前向きになれる快作だ
 
 
10月23日から、東宝映像事業部の配給で全国ロードショー。

本作は、2020年製作の、日本映画90分。

文=映画分析研究所 所長 宮城正樹

Ⓒ2020映画「オレたち応援屋!!」製作委員会

ジャニーズ映画最新作。

ジャニーズの新星たち・

5人組「A.B.C-Z」が主演した。

みんなを応援する

仕事をする男たちの、

応援することの熱気に

あふれた作品だ。

ともすると、応援するだけだと、

我々の書き屋の世界では、

チョウチン記事やろ

ちゅうとこもありで、

心からやないやろちゅう

とこもありま。けども、

本作の5人は、応援だけやなく、

当事者の中に入り込んで、

必死のパッチを

繰り返すんでありました。

まずは、マラソンレースでの応援で、

どんな具合なんかが披露されます。

でもって、本編のメインどころへ。

依頼者はマドンナ的役どころの、

廃校間近の島の女教師役の

小島藤子ネーさんだ。

弊ブログで分析した、

彼女の最新作

「君がいる、いた、そんな時。」でも、

マドンナ的男たちの

憧れ役を演じたけど、本作では

そこんところがさらにヒートアップ。

「A.B.C-Z」の5人がみんな、

彼女にウウーンとなり、

その都度彼女は

クローズアップとなり、

ラブリーなCGが

ひらめくのでありました。

「寅さん」的作りをチョイ意識した、

こんなところは何やら、

ニンマリとなります。

2_20201021234301

そんな彼女が、

島の祭りを復活させようとし、

彼ら5人にそのサポートを

依頼したんだけど、

その応援サポートぶりが、

本作の当然見どころでして、

クライマックスの祭りシーンでは、

ジャニーズらしい、

ディープ・インパクトな、

カッコイイダンス・シーンを、

堂々と披露してみせる。

いやはや、このあたり、

目が点になりまっせ。

フツーのアイドル映画を

見るキモチで見ると、

つい裏切られてまうような映画です。

ちょっと外すようなとこも

あるんだけど、そんなとこもご愛嬌。

最後まで楽しく見られる映画でした。

家族みんなで見に行っても、

2人のデート・ムービーとしても

全然OK。楽しんでください。
 

« 「おもかげ」 | トップページ | 「罪の声」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「おもかげ」 | トップページ | 「罪の声」 »