無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画分析研究所 所長 宮城正樹
    新作含む、公開前映画の批評分析を行います。 映画史を俯瞰するようなスタイルと、小説・演劇ほかではなく、映画評でしかできないところに、肉迫せんとしています。 2009年12月11日よりスタートし、ギネスレコーズ却下後の、2015年5月頃より、週3~4作更新としております。厳選した作品分析を、お楽しみください。

音楽・小説分析

  • ">

« 台湾アニメ「幸福路のチー」 | トップページ | 「ルパン三世 THE FIRST」⇒日曜邦画劇場 »

2019年11月30日 (土)

2019年キネマ旬報ベストテン予想

キネマ旬報2019年


年間ベストテン予想

●日本映画

Photo_20191128144001

①天気の子

②宮本から君へ

③新聞記者

④長いお別れ

 

⑤町田くんの世界

⑥愛がなんだ

⑦蜜蜂と遠雷

⑧タロウのバカ

⑨一夜 ひとよ

⑩半世界

次点:火口のふたり

 

●外国映画

 

Photo_20191128144101

①ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(アメリカ)

②運び屋(アメリカ)

③女王陛下のお気にいり(イギリス)

 

④ジョーカー(アメリカ)

⑤グリーンブック(アメリカ)

⑥バーニング 劇場版(韓国)

⑦存在のない子供たち(レバノン)

⑧ROMA/ローマ(アメリカ)

⑨私のちいさなお葬式(ロシア)

 

⑩希望の灯り(ドイツ)

次点:真実(フランス)

●試写室での試写といえば、今年の分は大がい終わっとりますんで、


ほな、毎年恒例なのか悪評なのかよう分かりまへんけど、


そろそろキネ旬ベストテンを予想してみましょか。


ちゅうことで、とりあえず、選んでみました。


いろいろ講釈垂れるよりは、そのまま提示いたします。


ボクの年間ベストテンは、大みそかに披露いたします。

とゆうことで。

アラマ・ポテチン。

(予想=映画分析研究所 所長 宮城正樹)

« 台湾アニメ「幸福路のチー」 | トップページ | 「ルパン三世 THE FIRST」⇒日曜邦画劇場 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾アニメ「幸福路のチー」 | トップページ | 「ルパン三世 THE FIRST」⇒日曜邦画劇場 »