無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画分析研究所 所長 宮城正樹
    新作含む、公開前映画の批評分析を行います。 映画史を俯瞰するようなスタイルと、小説・演劇ほかではなく、映画評でしかできないところに、肉迫せんとしています。 2009年12月11日よりスタートし、ギネスレコーズ却下後の、2015年5月頃より、週3~4作更新としております。厳選した作品分析を、お楽しみください。

音楽・小説分析

  • ">

« 「記憶にございません!」⇒日曜邦画劇場 | トップページ | 京都舞台アニメ「HELLO WORLD」 »

2019年9月18日 (水)

「初恋ロスタイム」

1_20190917221801
時が止まった中でのラブストーリー
泣ける映画系のアイドル映画

9月20日の金曜日から、KADOKAWAの配給により、全国ロードショー。
文=映画分析評論家・宮城正樹
ⓒ2019「初恋ロスタイム」製作委員会

2_20190917223101

初々しい新人のアクター・アクトレスが、特殊設定の中で恋をする、アイドル映画の王道作品。

福士蒼汰的な相葉孝司(あいばこうじ)と、高畑充希チックな篠宮時音(しのみやときね)。

2人と同じく、時の止まった時に、活動していた経験を持つ医師役で、先輩アイドル俳優の竹内涼真が出演。

監督はアイドル映画監督の雄で、近作「かぐや様は告らせたい」(9月5日付けで分析)がヒット中の河合勇人。
などと、表層上の情報を写した上において、チョイ分析を始めてみようか。

4_20190917223201

時が止まり、みんながストップ・モーションの中で、相葉と篠宮だけが、自由に動ける状態だ。

そして、2人は出会い、時の止まるロスタイムに、デートしたり、とある交通事故を阻止したりする。

時止まりとゆう状況は、「ビッグ・フィッシュ」(2003年製作・アメリカ映画)などで、ワン・シークエンスで使われたことはあったが、本格的・全面的に使われるのは珍しい。

5_20190917223301

しかも、ロスタイム系の本作だが、タイムスリップ系のSF映画と似た感触がある。

時を行き来して過去矯正するパターンも、時が止まって、時が動いた時のために、人を救う場合も、人の命を救うという善良の意味では、おんなじというとこもあるしね。

3_20190917223301

但し、本作のポイントは、あくまでラブストーリーにある。

ロスタイムに2人は恋をし、そして、後半では、「セカチュウ」的な、病系の泣ける映画へとシフトしていく。

ある意味で、チョイ欲張りな映画と言えば、そんな映画かもしれない。

とはいえ、やはり、SFラブストーリーが、泣ける映画へと転じてゆく、ハットトリッキーを楽しんでもらいたい。

6_20190917223401

山口百恵・三浦友和映画などを輩出したホリプロと、アイドル映画で一時代を築いた角川映画のコラボレーション。

何はともあれ、21世紀の新しいアイドル映画の在り方とは何かを、追求したような作りが、ココロにきたね。

7_20190917223401

「セカチュウ」以降に出た、病系映画との違いもはっきりしていて、

見たあとさわやかに、前向きになる映画だった。

« 「記憶にございません!」⇒日曜邦画劇場 | トップページ | 京都舞台アニメ「HELLO WORLD」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「記憶にございません!」⇒日曜邦画劇場 | トップページ | 京都舞台アニメ「HELLO WORLD」 »