無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画分析研究所 所長 宮城正樹
    新作含む、公開前映画の批評分析を行います。 映画史を俯瞰するようなスタイルと、小説・演劇ほかではなく、映画評でしかできないところに、肉迫せんとしています。 2009年12月11日よりスタートし、ギネスレコーズ却下後の、2015年5月頃より、週3~4作更新としております。厳選した作品分析を、お楽しみください。

音楽・小説分析


« 「君の膵臓をたべたい」⇒劇場版アニメ | トップページ | 「SUNNY 強い気持ち・強い愛」 »

2018年8月31日 (金)

8月に見た、マイ年間ベストテン級映画

●日本映画

「散り椿」

(岡田准一・西島秀俊・黒木華・池松壮亮・麻生久美子、ほか出演/木村大作監督/9月28日公開)

http://chiritsubaki.jp/

Photo


●外国映画

「嘘はフィクサーのはじまり」

(リチャード・ギア:リオル・アシュケナージー:スティーヴ・ブシェミ:シャルロット・ゲンズブール、ほか出演/ヨセフ・シダー監督/イスラエル&アメリカ合作/10月公開)

http://www.hark3.com/fixer

Photo_2

「運命は踊る」

(リオル・アシュケナージー、サラ・アドラー、ほか出演/サミュエル・マオズ監督/イスラエル映画/9月29日公開)

http://www.bitters.co.jp/foxtrot/

Photo_4

●日本映画は時代劇。

洋画は、イスラエルの監督による映画2本。

3作共に、後日分析いたしますが、

各作品のさわりを、申し述べますと…。

派手な殺陣シーンもある「散り椿」は、

静かな展開のまま進行する、人間ドラマ性の機微に酔う。

岡田准一が、見事に体現してくれる。

洋画はどうか。

リチャード・ギアの、珍しいサギ師演技ぶりが、

渋くて切ない「嘘はフィクサーのはじまり」。

運命に翻弄される、家族のドラマ映画の、

かつてない新しいタイプだった「運命は踊る」。

後日の分析を、お楽しみください。

(選=映画分析評論家・宮城正樹)

« 「君の膵臓をたべたい」⇒劇場版アニメ | トップページ | 「SUNNY 強い気持ち・強い愛」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/74128453

この記事へのトラックバック一覧です: 8月に見た、マイ年間ベストテン級映画:

« 「君の膵臓をたべたい」⇒劇場版アニメ | トップページ | 「SUNNY 強い気持ち・強い愛」 »