無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 「ぼくの名前はズッキーニ」⇒フレンチ・アニメ | トップページ | Jホラー「霊的ボリシェヴィキ」 »

2018年2月 8日 (木)

イギリス映画「ベロニカとの記憶」

1_2
青春ラブを振り返る、シニア映画の傑作

ジム・ブロードベントと、シャーロット・ランプリングが渋すぎる

http://www.longride.jp/veronica/

ロングライドの配給により、2月10日からシネ・リーブル梅田、

2月17日から京都シネマ、シネ・リーブル神戸ほかで、全国順次のロードショー。

本作は2015年製作の、イギリス映画108分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

ⓒ2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC

2_2
シニア映画の傑作。

ここで、かつても披露したけど、洋画のシニア映画の、

マイ・ベスト&カルト・スリー(各順不同)を、手前勝手に披露してみましょう。

●ベスト⇒①野いちご(1957年製作・スウェーデン映画)②老人と海(1957年・アメリカ)③ストレイト・ストーリー(1999年・アメリカ)

●カルト⇒①本作②アバウト・シュミット(2002年・アメリカ)③八月の鯨(1987年・アメリカ)

3_2
●老人の現在を描くベスト②カルト②、老女姉妹を描くカルト③。

現在の兄弟愛のベスト③。

現在形をポイントにした、シニア映画も多いけど、過去を振り返るシニア映画も、ケッコー多い。

本作やベスト①が、その好例だが、

過去を緻密に、プレイバックするベスト①も、その芸術映画的作りを含めて、いいのだけれど、

本作みたいに、ミステリーチックに、過去を振り返り展開する映画は、

謎めくハラドキやら、心理的サスペンスやらで、エンタなミステリー的面白さがあって、ググッときます。

4_2
初恋相手(シャーロット・ランプリング)は今、どないしてるのか、とゆうテーマは、手垢の付いたものだが、

本作の主人公(ジム・ブロードベント)は、ある日突然、

相手の女にまつわる、身に覚えのないことに遭い、彼女の真意を探ろうとする。

でもって、彼女と会い、ストークまでやるのだが…。

6_2
逼迫するようなミステリアス・モードは稀薄ながら、

妊娠中の娘やら別れたヨメやらと、それなりに和やかにやってる主人公が、

イロイロ調査するところが、ユニークでもある。

7_2
主人公の青春時代も、当然カットバックされる。

それも、単なるカットバックではなく、

主人公の記憶を、たどるような作りになっているのが、ミソと言えばミソだろうか。

イングマル・ベルイマン監督の、ベスト①の作りと、通じてのいるようなところがあるのだ。

8_2
主人公のジム・ブロードベントが、ゆったりの自然体で演技を通している。

アカデミー賞助演男優賞受賞の「アイリス」(2001年・イギリス)の、

過去振り返り系の、ラブの在り方が、本作と響き合うようだ。

9_2
シャーロット・ランプリングは、とことんクールな演技性でいってる。

夫を亡くした「まぼろし」(2001年・フランス)の戸惑いは、全くない。

主人公を煙に巻いたりの、そのクールさが、ミステリー度合いに、拍車を掛けている。

10_2
デビュー作「めぐり逢わせのお弁当」(2013年・インド・弊ブログ分析済み)の、インド人監督(リテーシュ・バトラ)の第2弾。

あったかい作りのラブストーリーだった「めぐり逢わせのお弁当」と比べると、

本作は少しテイストは違うが、ハッピーエンドになるところなど、あと味は悪くない。

とゆうことで、シニア映画であると共に、ラブ・ミステリーの快作です。

« 「ぼくの名前はズッキーニ」⇒フレンチ・アニメ | トップページ | Jホラー「霊的ボリシェヴィキ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/72861976

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス映画「ベロニカとの記憶」:

« 「ぼくの名前はズッキーニ」⇒フレンチ・アニメ | トップページ | Jホラー「霊的ボリシェヴィキ」 »