無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 「IT イット“それ”が見えたら、終わり。」 | トップページ | 「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」⇒料理ミステリー »

2017年11月 1日 (水)

「マイティ・ソー バトルロイヤル」

1_4
「アベンジャーズ」シリーズの、スピンオフ・シリーズだ

復讐に燃える「リベンジャーズ」が結成される!?

http://www.marvel-japan.jp/Thor_BR

11月3日の文化の日から、ウォルト・ディズニー・ジャパンの配給により、全国ロードショー。

本作は、2017年製作のアメリカ映画。

文=映画分析評論家・宮城正樹

ⓒMarvel Studios 2017 All rights reserved.

2_2
かつて弊ブログで、アメコミ原作映画の、ベスト&カルトなんてのをやりましたが、

今や、この種の映画は、全世界的に、一大ヒット・ジャンルになっております。

一部見てない作品があり、改めてやってみるかどうか悩みましたが、思い切っていってみます。

ちなみに、グラフィック・コミックものは外しました。

4_2
●ベスト⇒①バットマン(第1弾は1989年製作)②アベンジャーズ③スーパーマン(第1弾は1978年)

●カルト⇒①本作②スパイダーマン(第1弾は2002年)③アイアンマン(第1弾は2008年)

3_2
●まさにセオリー通りな、カンジになってしまいましたが、

しかし、21世紀においては、この「アベンジャーズ」関連ものは、

映画史をも揺るがすような、ディープ・インパクトを作っています。

5_2
「アベンジャーズ」チームの、各メンバーにまつわる、スピンオフなんて、いくらでもできるでしょうし、

スピンオフを加えた、このシリーズは、今世紀いっぱい、

いや、それ以降もなお、我々を楽しませてくれることでしょう。

7_3
本作は、アベンジャーズ・メンバーの、マイティ・ソー(クリス・ヘムズワース)に、スピンオフした、シリーズの最新作です。

単体のソロ作品もある、ソーの盟友ハルク(マーク・ラファロ)や、

腹違いの弟ロキ(トム・ヒドルストン)、女戦士ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)らと共に、

「リベンジャーズ」を結成し、スピンオフ独特の、雰囲気を醸し出します。

6_3
そして、今回の敵は、死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)でして、

この強力な相手に対し、リベンジャーズたちは難儀し、苦戦を強いられます。

13
ソー役クリス・ヘムズワースの、アメリカン映画に伝統的なヒロイズムに、回帰するのも良かったけど、

悪役として、不気味な妖艶さを示す、ヘラ役ケイト・ブランシェットの、演技が目を引きました。

アカデミー賞女優のプライドが、見え隠れします。

12_2
チョイ役に近いけど、日本から参戦した浅野忠信や、

アベンジャーズ・チームの、スカーレット・ヨハンソンら、

お馴染みのメンバーたちも、登場します。

8_3
ソーのオトン役の、アンソニー・ホプキンスのシブミや、

悪役として登場する、ジェフ・ゴールドブラムにも、魅せられました。9_2
ソーとハルクの、思いがけない再会と対決やらも、面白いシークエンス。

そんな意外なシーンが、いくつかあるので、

お楽しみに。

11_2
何はともあれ、クライマックスとなる、長ーく続く橋上での一大決戦が、

言うまでもなく、モノゴッツーな見どころになっています。

10_2
アベンジャーズが続く限り、モチ、このシリーズも続きます。

ソー・シリーズではなく、リベンジャーズ・シリーズとして続けば、

メッチャ面白いものになることでしょう。

今後が待ち遠しいシリーズです。

« 「IT イット“それ”が見えたら、終わり。」 | トップページ | 「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」⇒料理ミステリー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/72105226

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイティ・ソー バトルロイヤル」:

« 「IT イット“それ”が見えたら、終わり。」 | トップページ | 「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」⇒料理ミステリー »