無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 戦争映画「ダンケルク」 | トップページ | 「散歩する侵略者」⇒長澤まさみ・松田龍平共演 »

2017年9月 8日 (金)

「ナインイレヴン 運命を分けた日」

1

9.11映画の、パニック・ムービー群像劇だ

停止したエレベーターからの、ハラドキの脱出劇だ

http://www.nineveleven.jp

9月9日のサタデーから、シンカの配給により、テアトル梅田、T・ジョイ京都やらで、全国順次のロードショー。

本作は、2017年製作の、アメリカ映画90分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

ⓒ2017 Nine Eleven Movie, LLC

2
9.11もの映画といえば、これまでにケッコー出てきましたし、今も本作のように、作られ続けています。

とゆうことで、かつても披露しましたが、9.11もの21世紀製洋画の、

マイ・ベスト&カルト・スリー(各順不同・指定国以外は、全てアメリカ映画)を、披露してみますと…。

7
●ベスト⇒①ユナイテッド93(2006年製作)

②11'09''11/セプテンバー11(2002年・フランス映画)

③華氏911(2004年)

●カルト⇒①本作

②ワールド・トレード・センター(2006年)

③ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年・弊ブログ分析済み)

4
●上記以外にも傑作はあるかと思いますが、あくまでボクが見た中からの選択です。

パニック映画的・群像劇的作りの、ベスト①と本作。

その時に遭った主人公の、物語を紡ぐタイプのカルト②③。

多数の監督による、短編オムニバスとなったベスト②。

ブッシュ大統領の、9.11への在り方を問う、ドキュのベスト③。

ドキュ的社会派的作りが、モチ多いのですが、

実話をベースにしているのかもしれないけど、

ボク的にはやはり、映画的ドラマに、徹した作品に魅了されてしまいます。

5
9.11をパニック映画的に捉えるのは、良識派からすれば不謹慎かもしれない。

でもしか、パニック映画にとって、重要な要素が、9.11にあったことも事実としてあります。

ベスト①と本作を、ベストとカルトに分断したけど、

共に、パニック映画としての、ハラドキ・スリリング・粋で、魅せる傑作となっています。

3
そして、共に密室パニック劇になっている点や、

ハリウッドの70年代発パニック映画の、進化型になっているとこにも注目したい。

ベスト①は乗っ取られた、航空機内の航空パニック。

対して本作は、超高層タワー・ビルの、停止したエレベーター内で展開する、狭量パニック。

こちらは、高層ビル火災パニックのかの名作を、エレベーター内に、集約したような作りになっています。

さらに、言えば、パニック映画で幅広さを増した、群像劇タッチ。

共に、群像劇としての、面白さも見逃せない。

6
エレベーターに閉じ込められる5人(離婚調停中の夫婦役の、チャーリー・シーン、ジーナ・ガーションら)。

その5人を助けようとする、エレベーターを管理するおばさん(ウーピー・ゴールドバーグ)。

徐々に緊張感が増し、ヒートアップしていく作りなのですが、

何はともあれ、ボクは、キャスティングの妙に魅かれました。

9.11テロに遭ったニューヨークを、舞台にした映画が、代表作になっている役者陣が、起用されているのです。

8
中でも、娘の安否を案じるオカン役の、ジャクリーン・ビセットの起用には驚いた。

航空パニック映画の嚆矢「大空港」(1970年)にも出演し、

パニック映画が量産された1970年代に、活躍した国際派女優さん。

海中サスペンスのヒット作「ザ・ディープ」(1977年)なんか、セクシーで快感だった。

とゆうことで、老若男女みんなで、楽しめる娯楽作品になっています。

« 戦争映画「ダンケルク」 | トップページ | 「散歩する侵略者」⇒長澤まさみ・松田龍平共演 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/71625022

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナインイレヴン 運命を分けた日」:

« 戦争映画「ダンケルク」 | トップページ | 「散歩する侵略者」⇒長澤まさみ・松田龍平共演 »