無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 「夜明けの祈り」⇒戦後問題を捉えたフランス映画 | トップページ | フィリピン映画「ローサは密告された」 »

2017年8月 6日 (日)

「ろくでなし」⇒日曜邦画劇場

1
男たちの泥臭い、ヤクザチックなドラマだ

大西信満と渋川清彦の、ドライでクールな関係性がグー

http://www.rokudenashi.site

8月12日の土曜日から、第七藝術劇場、元町映画館、京都みなみ会館やらで、全国順次のロードショー。

8月12日には、各劇場で、本作主演の大西信満、渋川清彦の、各アニキの舞台挨拶あり。

文=映画分析評論家・宮城正樹

ⓒContinetal Circus Pictures

2
都会に生きる男たちの、泥臭い人間ドラマ。

ヤクザ映画とか、ワケありの人たちに加え、

職種的には、ブルーカラーからホストまで、こおゆう映画は、ベタで粘っこく、

そして、時に唐突な男のキズナがあり、

ほんで、不幸系のヒロインたちも、ドラマに欠かせない因子となります。

3
とゆうか、女優陣たちの演技が、こおゆうドラマ映画の出来を、左右すると言っても、過言ではないのです。

基本は男のドラマやけど、

でもしか、女がいないと、ドラマに強弱・硬軟・癒やしが付けられない。

野郎だけの汗臭・骨太もエエんやけど、

女優抜きやったら、全然オモロナイちゅう人も、いてはりまんので。

5
とゆうことで、まずは女優たちを見てみましょう。

根なし草系の演技を見せる大西信満アニキと、肉体含む恋愛関係になる遠藤祐美。

肉体を使う夜の仕事を、やってるわけやないけど、まあ、ゆうてみたら、底辺的仕事についてる女役なんやけど、

ヤクザまがいの社長(大和田獏)からの、パワハラ・セクハラにも耐え抜き、生き抜いてゆく雑草系の演技は、

「にっぽん昆虫記」(1963年)の名女優・左幸子や、「嫌われ松子の一生」(2005年)の中谷美紀にも通じる演技性。

そんな遠藤祐美ネーさんの、妹役の女子高生役で、バツイチの渋川清彦と、ヤッテる上原実矩ちゃんも、

ぶっきら棒なクールな感じやけど、存在感を示しはります。

4
でもって、ナンチューても重要なんは、男たち役者陣でありんす。

大和田獏ちゃんの、用心棒をやってる大西信満。

「キャタピラー」(2010年)の、壮絶な手足なき元軍人役、「さよなら渓谷」(2013年)の、複雑ビミョーな夫役。

常に、難役に挑んできた彼は、今作では、冷徹とシャイさの二重性を披露。

遠藤由祐との絡みでは、実にユニークなキャラぶりを造形してる。

6
大西と同じ社長の元で、取り立て屋やらの汚れ仕事をしてる役の、渋川清彦のアニキ。

インディーズ系の日本映画では、欠かせない存在の彼。

今作でも、大西信満と仕方なく相棒になって、社長の犯罪に加担する役柄を演技。

クライマックスの演技を含めて、印象深い演技性を示している。

7
でもって、大和田獏ちゃん初の悪役ぶりに、

ドッカーンと、すっかり、ヤラれてまいましたがな。

8
昔々の話やけど、NHKの「連想ゲーム」やらで、国民の好感度が高いハズの、あの獏ちゃんが、

人を平気で殺して、クライマックスでは、やりたい放題なんであります。

こんな獏ちゃん、メッチャ、あり得へんで!

10
本作を作った「シネマ☆インパクト」を主宰する、山本政志プロデューサーに、

かつてボクは、監督作「リムジンドライブ」(2001年)関西公開前に、インタビューしましたが、

その時に話された、映画インディーズ魂は、今もボクの脳裏に残っております。

9
監督は奥田庸介。

デビュー作「東京プレイボーイクラブ」(2011年)を、

よりアウトロー化し、よりアクション化した作りに、ボクは魅せられた。

そして、驚きの、サプライズ・エンディングに、

みなさん、ぜひ、魅せられてください。

« 「夜明けの祈り」⇒戦後問題を捉えたフランス映画 | トップページ | フィリピン映画「ローサは密告された」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/71324293

この記事へのトラックバック一覧です: 「ろくでなし」⇒日曜邦画劇場:

« 「夜明けの祈り」⇒戦後問題を捉えたフランス映画 | トップページ | フィリピン映画「ローサは密告された」 »