無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« スペイン映画「オリーブの樹は呼んでいる」 | トップページ | 「キング・アーサー」 »

2017年6月15日 (木)

「心に吹く風」⇒日本映画劇場

1_2
「冬のソナタ」のユン・ソクホの、初映画監督作品

不倫愛が北海道をバックに、静かに展開

http://www.kokoronifukukaze.com

6月17日の土曜日から、松竹ブロードキャスティングとアーク・フィルムズの配給によりまして、新宿武蔵野館ほかで、全国順次のロードショー。

関西では、7月8日からテアトル梅田やらで上映。

ロケ地の北海道では、6月10日から、札幌シネマフロンティアほかで上映中。

本作は、2017年製作の、日本映画107分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

ⓒ松竹ブロードキャスティング

2_2
韓流を日本に築いた、韓国の連続テレビドラマ「冬のソナタ」。みんな、知ってはりますよね。

そのドラマを演出した、ユン・ソクホ監督が、何と初めて映画監督のメガホンを採った。

なぜにこれまで映画監督をしなかったのか、そのあたりは置いといて、

初の映画監督作品が韓国映画ではなく、日本映画だった点も、興味をそそられるんやけど、

作品性は、モチ「冬ソナ」チックを、ベースにした作品になっとります。

4_2
「冬ソナ」にあった初恋・純愛なんかを、1つのキーにしてるようやけども、

それも入れつつ、「冬ソナ」の今一つのキー・記憶喪失とゆう、ドラマツルギー・セッティングをはずして、

今作の映画では、不倫がテーマになっているようどすえ~。

3_2
不倫映画の在り方みたいなんは、日本映画「昼顔」(弊ブログ6月9日付けで分析)の項で、分析いたしとりますが、

本作は、男は独身・女はダンナと子持ちとゆうことで、いわゆるW不倫やありませんが、

「昼顔」にあった、ベタベタやない、純な愛の交歓ぶりは、共通しとりまして、

その愛のつつましさに、ウーンとくるような、仕上げぶりなんどすえ~。

5_2
しかも、本作は静謐な、ストーリーの流れが、目立つ作品になっとります。

間合いの長さ、あまりにも静かな展開。

フロントからの車内の、2人のツーショット・カットなど、2人のツー・ショットは、当たり前のように頻出。

2人のためだけの静かなる世界が、全編のほとんどを覆っているんだす。

9
でもって、北海道ロケ作品だけに、美しき自然風景描写をバックに、展開させる作りでおます。

北海道ロケの日本映画は、これまでに100作以上にわたっておりますが、

自然描写を、かなりと打ち出す映画は、なぜかそうそうありませんねん。

桜やら蝶々。大地と空の風景やら。

2人の愛と自然風景が、絶妙にリンクした作品として、

本作は記憶に残るべくな、1本になっとります。

7
日照のテカリ・反射感を、取り入れたカットが頻出し、

風の音・香りを、カンジさせる効果音だったり、

自然を取り入れたカットやシーンが、

2人の愛の行方は別にして、

ある意味で、本作の見どころにも、なっているようにも思えました。

6_2
観客によっては、「冬ソナ」との既視感を、見たい方もいてるかもしれません。

とゆうワケではないとは思いますが、

主演の2人には、「冬ソナ」の2人に見合ったような、キャスティングが施されているようで…。

10
ペ・ヨンジュンは、眞島秀和。

共にメガネを掛けているとこは別にして、ナイーブでストイックなキャラはよく似とりますし、

また、チェ・ジウと真田麻垂美。

こちらも、ナイーブ、ストイック共に、特注やねん。

特に、つつましき人妻ヒロイン役として、真田麻垂美は、

往年の日本映画の名作にあった、人妻役に通じるものがありましたで。

8
静かな展開を続けながらも、ラスト近くで示される女の衝動と、ラスト・シークエンスのサプライズ。

静かに静かに、しっとりしっとり、そして最後には、滋味ある哀愁を示す作品。

「冬ソナ」ファンだけでなく、大人の恋愛映画を見てみたい方に、ピッタリの作品でした。

« スペイン映画「オリーブの樹は呼んでいる」 | トップページ | 「キング・アーサー」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/70864448

この記事へのトラックバック一覧です: 「心に吹く風」⇒日本映画劇場:

« スペイン映画「オリーブの樹は呼んでいる」 | トップページ | 「キング・アーサー」 »