無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« ドイツ映画「僕とカミンスキーの旅」 | トップページ | 「シチリアの恋」⇒イ・ジュンギ主演中国映画 »

2017年4月27日 (木)

イギリス映画「マイ ビューティフル ガーデン」

1
さわやかなヒロイン映画の快作

イギリスらしい美しき庭園への、こだわりが見える

http://www.my-beautiful-garden.com

4月29日の「昭和の日」から、「ココロヲ・動かす・映画社」の配給によりまして、シネ・リーブル梅田ほかで、全国順次のロードショー。

本作は2016年製作の、イギリス映画92分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

ⓒThis Beautiful Fantastic UK Ltd 2016

ヒロイン映画とゆうのは、映画史を見ますれば、映画の1ジャンルとも言えるくらい、ものすごい数のタイトル数があります。

多彩なヒロイン映画を、細かく整理して、みなさんの気分に合わせた鑑賞法を、いつかお届けしたいとは思っているのですが、

女ゴコロの機微を、未だに知りえないボクは、現実も妄想も不確定のまま、現在に至っております。

但し、本作は、そんなボクでも、分かりやすい女ゴコロが描かれていました。

2
女性映画として、誰にでも分かりやすいストレート系。

しかも、優しく、しっとりな仕上がり。

それを体現するのは、美人系女優の、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ。

日本ではほとんど知られていませんが、アイドルチックではあるけれど、

おそらく女性のほとんどが、感情移入できる演技ぶりでして、

男としては、癒やしももらえるようなカンジであります。

7
さてはて、本編によると、イギリスでは、庭園へのこだわりがありまして、

自宅の庭を美しく整えておくとゆうのが、法律化されているらしいです。

もし庭が荒れ放題になっているなら、1カ月以内に修復しないと、住むとこを出ないといけないなんてことらしい。

6

隣に住むオヤジ(トム・ウィルキンソン)の指摘で、

ヒロインの住むアパートの庭が、荒れ放題なんで、何とかせんかいとなりまして、

ヒロインは慣れない庭整理とガーデニングに、いそしむことと相なります。

5
本作は、そんなヒロインの、コドモ時代のエピソードから始まります。

物の並べ方に、特異なとこがあるヒロインは、今、図書館で働いてはりますが、

いわゆるこの描写は、物の整え方、加えて庭の整え方へと、波及してまいるのです。

4
花や植物の薀蓄が、イロイロ語られます。

シャクヤクの花、ヒマラヤ杉、イランの花など。

と同時に、庭の自然描写も、目も冴える撮り方をしていて、好感を呼びます。

そして、園芸にまつわる、いろんなエピソードも語られて、

園芸人間ドラマな在り方を追求、園芸エンタな面白さを、クリエイトしていきます。

3
最初は敵対的だった、トム・ウィルキンソンと、ヒロインの関係性に加え、

ラブ・ストーリー部もある仕上げ。

とゆうことで、イギリス映画らしい、午後のティータイムな、和みのある作品です。

« ドイツ映画「僕とカミンスキーの旅」 | トップページ | 「シチリアの恋」⇒イ・ジュンギ主演中国映画 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/70380967

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス映画「マイ ビューティフル ガーデン」:

« ドイツ映画「僕とカミンスキーの旅」 | トップページ | 「シチリアの恋」⇒イ・ジュンギ主演中国映画 »