無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 香港アクション「イップ・マン 継承」 | トップページ | 「3月のライオン[後編]」⇒日曜邦画劇場 »

2017年4月21日 (金)

「PARKS パークス」⇒橋本愛主演音楽映画

1
橋本愛・永野芽郁・染谷将太が、絶妙コラボレーションだ

過去のフォークと現代がシンクロナイズ

http://www.parks100.jp

4月22日の土曜日から、boidの配給によりまして、テアトル新宿やらで全国順次のロードショー。

関西では、5月6日から、シネ・リーブル梅田などで上映。

本作は2017年製作の、日本映画118分。

文=映画分析研究所 所長 宮城正樹

ⓒ2017本田プロモーションBAUS

アメリカのミュージカル映画なんかと比べると、日本の音楽映画はどないやねんと言われそうですが、

ところがどっこい、大作ミュージカルは別にして、

世界の傑作に比して、決して退けの取らない作品は存在しております。

とゆうことで、ここで、その種の日本映画の、マイ・ベスト・ファイブ(順位通り)を、披露いたしますと…。

●ベスト⇒①モテキ(2011年製作・弊ブログ分析済み)②ロックよ、静かに流れよ(1988年)③スウィングガールズ(2004年)④ここに泉あり(1955年)⑤本作

2
●5作品共に、音楽とドラマを巧妙につなげた傑作です。

数少ない日本ミュージカル映画の傑作①、

バンドものと友情ものを絡めた②、

学園ものとジャズものを絡めた③、

交響楽団系の代表作④。

そして、本作は、1つの曲の誕生秘話を絡めつつ、

過去に陽を見なかったフォークが、現代に歌われるとゆう、歌に焦点を当て、

そこに、亡き父・娘(永野芽郁=ながの・めい)、亡き祖母・孫息子(染谷将太)の、

歌を通してのキズナが、紡がれてまいります。

さらに、ヒロイン(橋本愛)の物語でもあります。

音楽を媒介にして、人間を描くのが、音楽映画の1つのキモであるならば、本作はそのスタイルを踏襲しています。

5
さて、本作は、吉祥寺の井の頭恩賜公園が、今年5月に開演100周年を迎えるのを、メモリアルにした映画らしいのですが、

確かに、吉祥寺を舞台にしてるし、井の頭公園の風景が多数盛り込まれ、

また、橋本愛のナレーションで、「公園で見つかった音楽の物語」なんて前振りもあります。

でもしか、それらはほとんど気にならない。

むしろ大学生役の橋本愛を主演にした、青春映画として見ると、

すこぶるさわやかな映画であるところが見えてきます。

4_2
橋本愛のアパートに、転がり込んでくる永野芽郁。

亡き父のことを小説にしようとして、父のことを調べています。

父と付き合っていたらしい女のとこへ、橋本愛と2人で訪ねると、その女の孫息子の、染谷将太と出会うんです。

そして、その女の遺品から、オープン・リールに録音された楽曲を見つけ、3人でその歌を現代に、再生しようと試みる展開です。

ギターで弾き語る橋本愛、ラップのヒップホップで表現しようとする染谷将太。

永野芽郁は、父を含む3人組がその曲作った当時を想いつつ、その作品性に入り込もうとします。

3

ドラマとしては、クライマックス部に流れ来る、橋本愛が歌うその曲「PARK MUSIC」は、

爽快極まりない作りになっています。

音楽映画の粋が味わえる、まさにハイライト・シーンだと言えるでしょう。

ラストロールで流れる、相対性理論(バンド名)の「弁天様はスピリチュア」も、

映画の余韻と言うより、キッチュな女性ボーカルが、クセになりそなカンジが面白かった。

何はともあれ、本作は、今年の日本映画の、マイ・ベストテン級の仕上がりでした。

« 香港アクション「イップ・マン 継承」 | トップページ | 「3月のライオン[後編]」⇒日曜邦画劇場 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/70323229

この記事へのトラックバック一覧です: 「PARKS パークス」⇒橋本愛主演音楽映画:

« 香港アクション「イップ・マン 継承」 | トップページ | 「3月のライオン[後編]」⇒日曜邦画劇場 »