無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 「3月のライオン 前編」⇒週末日本映画劇場 | トップページ | フランス映画「未来よ こんにちは」 »

2017年3月21日 (火)

「パッセンジャー」⇒ハリウッドSF映画最新版

1
宇宙のSFラブ・ストーリーやなんて、どおよ!

宇宙で戸惑いつつも行動する、サスペンス映画やねん

http://www.Passenger-movie.jp

3月24日のフライデーから、ソニー・ピクチャーズの配給によりまして、全国ロードショー。

本作は2016年製作の、アメリカ映画116分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

さっそくやけど、SF映画はSF映画でも、

宇宙で迷い・惑い・悩む洋画SF映画の、マイ・ベスト&カルト・スリー(各順不同)を、

多数見たSF映画の中から、思いつくままに披露してみますと…。

●ベスト⇒①2001年宇宙の旅(1968年製作・アメリカ映画)②惑星ソラリス(1972年・ソ連)③ゼロ・グラビティ(2013年・アメリカ・弊ブログ分析済み)

●カルト⇒①本作②イベント・ホライゾン(1997年・アメリカ)③ロスト・イン・スペース(1998年・アメリカ)

2
●SF映画の人間的悩み・煩悩を、哲学的に披露するベスト①②は、

前衛SFのファジーを示しながらも、今に残る映画史的名作ですが、

思いっきりリアリティーを加えれば、ベスト③などになってゆきます。

一方で、宇宙の戸惑いと行動ぶりを、他ジャンルとの絡みで、描くSFもあります。

そおゆうのんを、手前勝手に、カルトにいたしました。

3_2
パニック・ムービーとのシンクロナイズのカルト③、

ベストからはそれましたが、「エイリアン」(1979年・アメリカ)などの、ホラー映画とのカルト②。

ほんでもって、ラブ・ストーリーとの、シンクロとなった本作であります。

そして、設定系SF映画ながら、ラブ・ストーリー以外に、サスペンス映画としてのハラドキも、加えられた快作です。

4
地球とは違う別星へ、宇宙船で向かうのに、120年もかかるとゆう設定。

まず、ここで引っかかるのは、120年も年を数えて、果たして人は生きていられるのか。

しかし、向かう間、カプセルの中で眠っていて、行く前の現状のまま、120年後もそのままとゆう設定。

まず、これはSF的設定でありまして、リアル感はモチありません。

5
でもって、120年後に目覚めるはずが、システムの故障か何かで、主人公(クリス・プラット)が、90年も早く目覚めてしまいます。

AIはいるけど、全くの1人状態を、ロビンソン・クルーソーのように1年間続けたあと、

眠り続ける、気に入った女・ヒロイン(ジェニファー・ローレンス)を、意図的に覚醒させてしまいます。

ほんで、2人だけの話が、宇宙船内で展開してゆくとゆう展開

6

いろんなクエスチョンがあっても、話の流れのままに見ていけば、何の問題もないし、

ラブ・ストーリーとしての、ハラドキも見られます。

9

確かに、シチュエーション的に、ご都合主義はありますが、

この2人は年をとる中で、120引く90の30年間を、宇宙船内で過ごさなあかん状況となり、

2人だけなんで、いたし方なく、フォーリン・ラブするしかなく…。

しかも、AIがでんな、ヒロイン目当てに主人公が、意図的に眠りから起こしたんを、ヒロインに話したことから…。

7
2人だけの話なのに、次々にサスペンスをもって展開してゆく、面白い流れは秀逸でした。

かつてよりスリムになった、アカデミー賞主演女優賞女優の、ジェニファー・ローレンス。

エンタ作品に見合う、ヒロイン演技ぶりは、演技の上手さと共に、好感度を高めます。

8
「スター・ウォーズ」シリーズなどの、娯楽エンタは別にして、久々にハリウッドSF映画の、ユニークな快作を、ボクは見た想いでした。

着地具合の賛否は別にして、万人に楽しめる、SF映画になっています。

« 「3月のライオン 前編」⇒週末日本映画劇場 | トップページ | フランス映画「未来よ こんにちは」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/69991876

この記事へのトラックバック一覧です: 「パッセンジャー」⇒ハリウッドSF映画最新版:

« 「3月のライオン 前編」⇒週末日本映画劇場 | トップページ | フランス映画「未来よ こんにちは」 »