無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 「劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-」 | トップページ | 「彼らが本気で編むときは、」⇒生田斗真&桐谷健太共演 »

2017年2月17日 (金)

「一週間フレンズ。」⇒週末日本映画劇場

1_2
記憶喪失系の快作ラブ・ストーリーだ

学園ラブ・ストーリーとしても、爽快な仕上がり

http://www.ichifure.jp

2月18日の土曜日から、松竹の配給によりまして、全国ロードショー。

本作は、2017年製作の、日本映画120分。

2_2
ⓒ2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ」製作委員会

記憶喪失系の映画とくれば、イロイロ出てきましたが、

一週間サイクルの、解離性記憶障害ナンチューのは、初めてでしょう。

短時間しか記憶が、持続しないサスペンス映画「メメント」(2000年製作・アメリカ映画)なんぞもありましたが、

単なる記憶喪失ではなく、いろんな記憶喪失バージョンを、

取り込んで、ドラマ設定化してゆくのは、映画の幅を広げるものでしょう。

3_2
但し、映画的テーマや、ジャンルの基本ラインは、ほとんど変わりません。

「メメント」はサスペンスですが、サスペンスを際立たせるための、記憶喪失設定であり、

でもって、本作は、学園ラブ・ストーリーを、斬新に見せるべくの、ヒロインの記憶喪失設定なのです。

9_2
つまり、何が言いたいのかとゆうと、

いろんな細かいとこで、いろんな異色な設定が、あったとしても、

ラブ・ストーリーとしての、基本ラインや流れは、これまでと同じで、

恋の成就にまつわる、もどかしさやハラドキの、展開が持続していくのです。

4_2
不治の病気や記憶喪失や、そのほかのいろんな障害や拮抗を入れない、

2人の男女だけによる、ストレートなラブ・ストーリーは、

恋愛映画の王道ではありますが、

そんなんばかりじゃ、つまらないとゆう人も、当然いてはりまして、

つまりは、そんな変則ラブの、在り方の一つとして、本作があるわけであります。

10_2
一方で、学園ラブとしては、アイドル映画としての、ポイントもあります。

ヒロインだけじゃありません、男の方にも当然あります。

女の子は川口春奈ちゃん。男は山崎賢人クン。

春奈ちゃんが記憶喪失で、そんな彼女に、アタックするのが賢人クン。

5_2
この種のアイドル日本映画は、これまでに多数作られてきました。

時代時代によって、観客の嗜好は、違うとは思いますが、

女のかわいらしさと優しさ、男の積極性と勇気とゆう、

分かりやすい流れや関係性は、今も昔も変わっていないように思いました。

8_2
しかし、だからこそ、その時代の若者を中心に、ココロをくすぐり、ときめかせるのでありましょう。

山崎賢人クンは誠実やし、川口春奈ちゃんは、とことんかわいいし。

12_2
2人共、ボクはいろんな主演映画を見て、弊ブログで分析してきたけど、

年齢的なこともあってか、学園ものがメインになっていますが、

本作では、好感ある演技としては、2人共、最高の演技を示しているのではと思います。

6
今やトレンドのコミック原作でもあり、

また、大ヒットした「君の名は。」(2016年・弊ブログ分析済み)と、

かなりとシンクロナイズするような、作りになっているところにも、注目してみてください。

11
スキマスイッチの、メロデイアスな名曲「奏(かなで)」が、印象的なところで使われています。

いずれにしても、いろんなところにおいて、トレンドな作りになっている本作。

デート・ムービーに、ピッタリの快作でしょう。

« 「劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-」 | トップページ | 「彼らが本気で編むときは、」⇒生田斗真&桐谷健太共演 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/69614854

この記事へのトラックバック一覧です: 「一週間フレンズ。」⇒週末日本映画劇場:

« 「劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-」 | トップページ | 「彼らが本気で編むときは、」⇒生田斗真&桐谷健太共演 »