無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」 | トップページ | 「素晴らしきかな、人生」 »

2017年2月27日 (月)

「クリミナル 2人の記憶を持つ男」⇒ケヴィン・コスナー主演作

1
ケヴィン・コスナー、久々の主演アクションで魅せる

CIAものと記憶転移ものを、合体させた快作だ

http://criminal-movie.jp

2月25日のサタデーから、KADOKAWAの配給によりまして、新宿バルト9やらで、全国ロードショー。

本作は2016年製作の、イギリス・アメリカ合作の113分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

ⓒ2015 CRIMINAL PRODUCTIONS, All Rights Reserved.

本作は、ケヴィン・コスナー主演映画。

そんなん、とっくの昔に終わっとるやん、なんて言えないくらいの、なかなかの大健闘やねん。

以前にもやりましたが、改めて彼の主演作の、マイ・ベスト&カルト・スリー(各順不同)を、披露いたしますと…。

●ベスト⇒①アンタッチャブル(1987年製作)②ダンス・ウィズ・ウルブズ(1990年)③JFK(1991年)

●カルト⇒①本作②ワイルド・レンジ/最後の銃撃(2003年)③追いつめられて(1987年)

2
●アメリカン・ヒロイズムを、演技してきた男優の系譜で言えば、コスナーは当然、正統派の系譜で入ります。

1990年代を代表していました。

その前後や同時代のマイ系譜でゆうと、トム・クルーズ、ブラッド・ピット、ジョニー・デップなんかとシンクロ・比較されるのですが、

でもしか、演技力では、トム・ハンクスらと並んで、一等抜きん出ている存在だったように思います。

ベストもカルトも、観客の好感度の高い、カッコイイ・ヒロイズムを演じているとは思うのですが、

本作では、悪役経由の善玉・正義の味方役とゆう、彼のキャリアとしては初の悪役風味入り、

ほんでもって、サイコチックな役柄に挑みました。

3

CIAものに加え、記憶転移ものとゆうスタイルで、描かれるハラドキのアクションは、

ボク的には、2人の容姿が変わる「フェイス・オフ」(1997年)と、

「ボーン」シリーズ(第1弾は2002年)を、ミキシングしたような、ドラマ・テンションがあったかと思います。

殺されたCIAスパイ(ライアン・レイノルズ)の脳を、荒くれの囚人(ケビン・コスナー)に移植して行動させ、事件の真相に迫るとゆう内容なのですが、

昨年の日本映画「秘密 THE TOP SECRET」(弊ブログ分析済み)にも、記憶転移の映画はありましたが、

こちらは、ミステリー的興味よりも、主人公の心理とヒロイズムを、掘り下げたものになっています。

4
極悪人ぶりを見せる前半と、そこから徐々にヒロイズム化していって、最後には…とゆう展開は、

善悪転移ヒーローものとしては、定番のようでありながらも、

最後まで、ハラハラドッキリな、手に汗握るスリリングで魅せてくれます。

5
名優にして名バイ・プレーヤーの、ゲイリー・オールドマンや、

トミー・リー・ジョーンズらとの、関わりの中で、主人公のヒロイズムは開眼してゆき、

最後には、写真一番下にあるように…とゆう結末が待っています。

コスナー主演作の、久々の快作でした。

彼の過去の作品と、アクション部やラブ・ストーリー部が微妙にかぶり、そして、さわやかなラスト・シーンへと向かいます。

コスナー・ファンは今や、老年期を迎えているかもしれませんが、

彼ら彼女らはもちろん、若き映画ファンも、充分に楽しめる作品になっていると思います。

ボク的には、「フェイス・オフ」と、ぜひ比べて見ていただきたい。

本作の面白さが、より倍化するはずです。

とゆうことで、「フェイス・オフ」と、おんなじくらい、痛快に楽しめる快作でした。

« 「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」 | トップページ | 「素晴らしきかな、人生」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/69706382

この記事へのトラックバック一覧です: 「クリミナル 2人の記憶を持つ男」⇒ケヴィン・コスナー主演作:

« 「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」 | トップページ | 「素晴らしきかな、人生」 »