無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 「ドクター・ストレンジ」 | トップページ | フランス映画「ショコラ~君がいて、僕がいる~」 »

2017年1月27日 (金)

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」

1
ティム・バートン監督の究極のファンタジー

タイムスリップ系SF映画の新次元へ

http://www.foxmovies-jp.com/staypeculiar/

2月3日のフライデーから、20世紀フォックス映画の配給によりまして、全国各地イッセーのロードショー。

本作は、2016年製作の、アメリカ映画2時間7分。

文=映画分析研究所 所長 宮城正樹

ⓒ2016 Twentieth Century Fox

かつても披露しましたが、変格ファンタジー映画の巨匠、ティム・バートン監督作品の、

マイ・ベスト&カルト・スリー(各順不同)を、披露いたしますと…。

●ベスト⇒①シザーハンズ(1990年製作・アメリカ映画・以下の引用映画は、指定以外は、全てアメリカ映画)

②エド・ウッド(1994年)③ビッグ・フィッシュ(2003年)

●カルト→①本作②チャーリーとチョコレート工場(2005年)③マーズ・アタック!(1996年)

●ファンタジーやSF映画には、ピンからキリまであります。

本格シリアス・モードから、変格ユニークなものまででしょうか。

中でも、バートン監督作品には、新味あふれる、オリジナリティーなものが多い。

そのスタイルを分析してみますと…。

2_2
ベスト①カルト②で示した、ジョニー・デップが演じた、異能なキャラクターの面白さ。

現実と非現実を往来した、親子のキズナ映画のベスト③。

また、現実の話でも、描かれる監督の作品を、ユニークなファンタジー性で、示したベスト②。

でもって、SF映画でも、カルト③のように、当時大ヒットした「インデペンデンス・デイ」(1996年)への、パロディー的に展開したりと、

常に斬新かつユニークな、ファンタジック映画を、披露し続けてきました。

3
そして、本作。

バートン監督の、21世紀のヒット作「アリス・イン・ワンダーランド」(2010年・弊ブログ分析済み)は、

監督初期の作品「ビートルジュース」(1988年)のように、

2世界のシンクロナイズを、追求した作品でした。

その流れから、本作では、監督としては、初めてとも言うべき、タイム・スリップ系の2界に、挑んだ作品です。

1943年戦時の、イギリスの島にいる、ミス・ペレグリン(エヴァ・グリーン)と、彼女が面倒を見る、異能のコドモたちの、

1日がリフレインされる日々と、

2016年現代の世界との、シンクロナイズが展開するとゆう、

トンデモ破天荒、かつウルトラチックな仕上がりになっております。

4
現代から、主人公(エイサ・バターフィールド)が、ミス・ペレグリンの、1日が繰り返される世界へ、タイムスリップいたします。

そして、その世界のコドモたちらと、キズナに包まれた交流をしていきます。

さらに、そこにいてる女の子(エラ・パーネル)と、ラブ・ストーリーにまで展開し、

さらにさらに、現代へとスリップし、ハットトリックな、クライマックスの、一大アクション対決へ。

まさに、バートン監督の、変格ファンタジーの、総決算とゆうような、作りになっているのです。

いやはや、それにしても、好感度ある演技陣に、魅了されました。

エヴァ・グリーン、メッチャええわ~。

大ベテランのイギリスの役者、テレンス・スタンプ、ジュディ・デンチの、熟成の演技節。

さらに、悪役に扮した、「アベンジャーズ」のサミュエル・L・ジャクソン。

加えて、ラストロールで流れる、フィメール・メロディアス・バラードなど、「タイタニック」(1997年)の、セリーヌ・ディオンの主題歌並みに感動的。

今昔を束ねるアクション映画、とゆう意味でも、「アサシン・クリード」(3月3日公開・後日分析します)などへ、通じる映画です。

とゆうことで、家族一同で楽しめる、ファンタジー映画の会心作でした。

« 「ドクター・ストレンジ」 | トップページ | フランス映画「ショコラ~君がいて、僕がいる~」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/69384844

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:

« 「ドクター・ストレンジ」 | トップページ | フランス映画「ショコラ~君がいて、僕がいる~」 »