無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« アニメ映画年間マイ・ベスト5⇒ジャンル別ベスト第1弾 | トップページ | カルト映画年間マイ・ベスト5⇒ジャンル別ベスト第3弾 »

2016年12月27日 (火)

韓国映画年間マイ・ベスト5⇒ジャンル別ベスト第2弾

韓国映画を代表する傑作に出演経験者、

チョン・ジヒョンやソン・ガンホの、新作主演作が素晴らしい!

①暗殺

Photo
②弁護人

Photo_2
③ビューティー・インサイド

Photo_3
④殺されたミンジュ

Photo_4
⑤花、香る歌

Photo_5
●順位通りです。

韓国映画にはなぜか逆風が吹いて、ピーク時に比べて売れなくなっていますが、

相変わらず大量の作品が、日本に上陸しています。

売れなくなったのは、パターン化しているところが、あるのかもしれませんが、

でもしか、よく見ると、韓流ドラマ的なラブやラブコメは少なくなり、

そして何らかの、新しいスパイスを振り掛けています。

韓国映画で、日本で今年最も売れた③は、究極の設定でのラブ・ストーリーで、度胆を抜きました。

サスペンスものでも、オーソドックスに見える裁判もの②でも、ソン・ガンホ演じる弁護士のヒューマニズムに回帰したり、

復讐殺人に新たな新味を加えた、異端の巨匠キム・ギドク監督作品④などに魅せられました。

加えて、ヒロインの活躍ぶり。

数多い時代ものでも、女性歌手にクローズアップした⑤、

チョン・ジヒョンのヒロイン・アクションに、グッときた①など、

男として、胸ときめいた作品が良かったです。

(選=映画分析研究所 所長 宮城正樹)

« アニメ映画年間マイ・ベスト5⇒ジャンル別ベスト第1弾 | トップページ | カルト映画年間マイ・ベスト5⇒ジャンル別ベスト第3弾 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/69001520

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国映画年間マイ・ベスト5⇒ジャンル別ベスト第2弾:

« アニメ映画年間マイ・ベスト5⇒ジャンル別ベスト第1弾 | トップページ | カルト映画年間マイ・ベスト5⇒ジャンル別ベスト第3弾 »