無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 「ストーンウォール」⇒ローランド・エメリッヒ監督の新作 | トップページ | 「こころに剣士を」 »

2016年12月22日 (木)

「オアシス:スーパーソニック」⇒音楽ドキュメンタリー

1
ビートルズを継承した、オアシスの活動ぶりを描く

兄弟のキズナへと、着地する作品だ

http://oasis-supersonic.jp

12月24日の土曜日から、KADOKAWAの配給によりまして、梅田ブルク7、なんばパークスシネマ、MOVIX京都、神戸国際松竹などで上映。

本作は、2016年製作の、イギリス映画122分。

文=映画・音楽分析評論家・宮城正樹

2
ⓒJll Furmanovlsy

音楽ドキュメンタリーのジャンルの中でも、特定のアーティストに、スペシャライズした作品です。

ライブ・ドキュの多い中で、ミュージシャンの生き方を捉えたもの。

ドキュ以外にドラマ映画も含めて、その種の映画の、

マイ・ベスト&カルト・スリー(各順不同・クラシック・ジャンルは除く)を、思いつくままに、披露いたしますと…。

10
●ベスト⇒①Ray(2004年製作・アメリカ映画)②インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2015年・アメリカ・弊ブログ分析済み)③ウディ・ガスリーわが心のふるさと(1976年・アメリカ)

●カルト⇒①本作②ボブ・ディランの頭のなか(2003年・アメリカ)③レット・イット・ビー(1970年・イギリス)

8
●ドラマ映画をベストに、カルト②はドラマ映画ですが、カルトはドキュを採り上げました。

レイ・チャールズのベスト①、ボブ・ディランより前にデビューしながら、名声を得なかったデイヴ・ヴァン・ロンクを描くベスト②、フォーク歌手のルーツなベスト③。

片やカルトでは、ボブ・ディランの②、ビートルズの③。

そして、2009年に解散したけど、採り上げた中では、最も新しいアーティストとなる、オアシスの本作。

6
イギリスの音楽系譜を見る意味においては、

オアシスは、ビートルズとローリング・ストーンズを、バランス良く取り込んだバンドでした。

ビートルズチックなメロディアスなバラードあり、また、ライヴでは、ローリング・ストーンズばりの、ワイルド感を出す演出ぶり。

そのあたりが、本作を見れば、よおーく分かるようになっています。

4
クソ音楽などと、クソを連発しながら、しかし、音楽に対しては、誠実真摯であろうとする、バンド姿勢に、まず好感を覚えました。

ライヴ活動もポイントです。

クライマックスの、2日間で25万人を動員した、ネブワースの野外コンサートまで、

彼らの軌跡が、過去の回想的に描かれてまいります。

5
また、追っかけの凄かった、1994年の日本ツアーの模様など、随所随所にエポック・メイクなエピソードを、挿入しています。

日本のフジロック・フェスティバルでの、ライヴ模様を捉えた、ドキュ映画も公開されますが、

ある意味で本作は、その作品と対をなす作品だと、言えるかもしれません。

9
そして、バンドの中核をなす、ノエルとピーターのギャラガー兄弟の、生い立ちから、父母とのエピソード。

で、現在まで、2人のイロイロが捉えられます。

家族的な確執ぶりから、母と兄弟のキズナぶりなど、ココロにくる逸話がありました。

7_2
取材では大口を叩き、売れている時には、鼻高々な状況を捉え、

きれい事だけでは済まない、バンドの不愉快なところも映されます。

オアシスとゆうバンドを、多角的に描き、1ロック・バンドの、普遍的なスタンスを捉えた作品です。

そこから見えるのは、ロック・スターの光と影。

単なるPR映画とは違う、そんな雰囲気が素敵な映画でした。

« 「ストーンウォール」⇒ローランド・エメリッヒ監督の新作 | トップページ | 「こころに剣士を」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/68936395

この記事へのトラックバック一覧です: 「オアシス:スーパーソニック」⇒音楽ドキュメンタリー:

« 「ストーンウォール」⇒ローランド・エメリッヒ監督の新作 | トップページ | 「こころに剣士を」 »