無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 「フランコフォニア ルーヴルの記憶」 | トップページ | 「五日物語-3つの王国と3人の女-」 »

2016年11月23日 (水)

映画本『大阪「映画」事始め』⇒武部好伸・著

Photo
映画を日本で初めて、スクリーンに映したのは大阪だった

大阪の映画製作史・興行史を追った労作ノンフィクション

●大阪「映画」事始め/武部好伸・著/彩流社/定価(本体1800円+税)

文=映画分析研究所 所長  宮城正樹

みなさん、ドキュメンタリーならぬノンフィクションを、読んだことはあるでしょうか。

ノンフィクションとゆうのは、書きっぱなしは、一切ききません。

調べる時間の方が、書く時間よりはるかに時間が掛かるものです。

本書の最後に「参考文献」が列記されていますが、100冊以上の膨大な文献を、渉猟するとゆう読書量。

しかも、そういう本を探すとゆう調査する時間。

そうして、日本で初めて映画が、スクリーンに映された場所は、京都ではなく大阪であったという点を、まず立証してまいります。

つまり、スクリーンに限定すると、大阪が初めてなのです。

映画館での上映は、まだ時を待たねばなりませんが、興行としても、スクリーンに映して、日本で初めて映画を観客に見せたのも、大阪・難波の南地演舞場でした。

そして、その後の大阪と京都の、興行対決模様。

さらに、大阪での映画製作の変遷なども、ドラマティックに描き込まれています。

ノンフィクションは、事実の積み重ねも大事ですが、小説的なところも重要だと、ボクは思います。

それで、ボクが本書で、イチバン興味を魅かれたのは、人口も工業生産力も日本一であった、大正末期の大阪のことです。

江戸川乱歩が勤めていた、大阪毎日新聞の1923~1924年の頃。東京府では関東大震災が発生し、壊滅状態だった頃。

部数が100万部を超えていた大毎が、映画上映だけでなく、ニュース映画製作にも、力を注いでいたという話に、驚きを禁じ得ませんでした。

そのほかにも、サプライズなところが多かった。

大阪映画製作の嚆矢であった方が、ボクと同じく滋賀県出身であったとこなどにも、ココロ魅かれました。

みなさんも、読んでいて必ず、なんらかの驚きが発見できるはずです。

さて最後に、ノンフイクションが原作になった日本映画の、マイ・ベスト・スリーを言いますと…。

①復讐するは我にあり(1979年製作)②サンダカン八番娼館 望郷(1974年)③真昼の暗黒(1956年)

●犯罪者を描いた①、ジャパユキさんの生涯を描いた②、冤罪裁判もの③など、

事件ものや社会問題的なものが、映画映えするのかもしれませんが、

本書のような、映画業界の内幕ものも、映画にしたらきっと、面白いと思いますよ。東宝本社の企画課さん、ヨロシクね。

※以下は、今後開催される著者・武部好伸氏の、講演会などです。

Photo_2Photo_3

« 「フランコフォニア ルーヴルの記憶」 | トップページ | 「五日物語-3つの王国と3人の女-」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/68457355

この記事へのトラックバック一覧です: 映画本『大阪「映画」事始め』⇒武部好伸・著:

« 「フランコフォニア ルーヴルの記憶」 | トップページ | 「五日物語-3つの王国と3人の女-」 »