無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 「インフェルノ」⇒トム・ハンクス主演 | トップページ | 10月に見た年間マイ・ベストテン候補映画 »

2016年10月30日 (日)

斎藤工・高梨臨共演「種まく旅人~夢のつぎ木~」⇒日曜邦画劇場

1

佐々部清監督の最新作は、ヒロイン・ドラマの傑作

桃太郎伝説ある、岡山県ロケーション映画だ

http://www.tanemaku-tabibito.com/

10月22日から、アークエンタテインメントの配給により、岡山県で先行公開中。11月5日の土曜日からは、有楽町スバル座やらで、全国順次のロードショー。

文=映画分析研究所 所長 宮城正樹

3
ⓒ2016「種まく旅人」製作委員会

今も昔もいっぱいある、地方ロケによる日本映画です。

本作は、農林水産省の役人(斎藤工)が、地方の第一次産業(農業や漁業)を視察する、シリーズの第3弾です。

振り返りますと、第1弾が、大分ロケの陣内孝則・田中麗奈主演「種まく旅人~みのりの茶~」(2012年製作・弊ブログ分析済み)。

第2弾が、兵庫県・淡路島ロケの桐谷健太・栗山千明主演「種まく旅人~くにうみの郷~」(2015年)でした。

そして、本作は岡山県赤磐市ロケで、

市役所に勤めながら、桃を栽培する、高梨臨ちゃんの、

NHKの朝ドラにも通じるような、好感度あるヒロイン・ドラマであります。

4
さてはて、ボクはかつて、47都道府県の各ロケ映画の、比較対照と仕上がりについて、

高校野球的な映画甲子園を、書こうと思ったりもしました。

岡山ロケ映画もケッコーあり、「秋津温泉」(1962年)や「けんかえれじい」(1966年)などの名作もありますが、

21世紀公開作品にだけ限定すると、本作はマイ・ベスト・スリーに入ります。

そして、本作は佐々部清監督の新作でして、

出身の山口ロケ3部作「チルソクの夏」(2003年)「四日間の奇蹟」(2005年)「カーテンコール」(2005年)など、

地方ロケ映画の、日本映画史に残る作品も撮っています。

5
本シリーズの役者陣は、いつも元気はつらつです。

前述したヒロインの高梨臨ちゃんが、冒頭からの夢オチ・シーンで、ヘタッピーな「川の流れのように」を歌います。

この「男はつらいよ」ばりのイントロは、笑いを誘い、肩の凝るような映画ではないことが示されます。

そして、その流れに乗って、高梨臨ちゃんが、朝ドラチック・アイドルチックに演技していきます。

実際、臨ちゃんは美人系なので、メッチャドラマ映えします。

以前弊ブログで分析した、故アッバス・キアロスタミ監督の「ライク・サムワン・イン・ラブ」(2012年・日本&イラン)や、

辻仁成監督の「醒めながら見る夢」(2014年)などで、魅せたアイドル性は、今作でも変わりません。

6
そんな彼女の美しさに魅かれてか、斎藤工のアニキはいつになく、テンションの高い演技ぶりを見せます。

臨ちゃんに気に入られたいために行動し、ええかっこしいする、主人公に見合った演技でした。

臨ちゃんのおネーさん役、海老瀬はなネーさん。お久しぶりです。

臨ちゃんのアニキ役の、池内博之のアニキ。骨太なたくましさが相変わらず。

みんな、臨ちゃんを盛り上げようとしてるところが、よおく分かります。

2
映画的照明をあまり入れずに、自然光を中心に岡山の地方の色を、できるだけ反映した作りでして、

薄色の穏やかで柔らかいトーンの、癒やしある画面が、展開していきます。

自然描写も目に優しい。

先行公開の岡山では、既に大ヒット中です。

さわやかで、癒やしも元気ももらえる、地方映画の心地よさに、浸ってみてください。

« 「インフェルノ」⇒トム・ハンクス主演 | トップページ | 10月に見た年間マイ・ベストテン候補映画 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/68143688

この記事へのトラックバック一覧です: 斎藤工・高梨臨共演「種まく旅人~夢のつぎ木~」⇒日曜邦画劇場:

« 「インフェルノ」⇒トム・ハンクス主演 | トップページ | 10月に見た年間マイ・ベストテン候補映画 »