無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 「うつろいの標本箱」⇒日本映画の今2 | トップページ | 「インフェルノ」⇒トム・ハンクス主演 »

2016年10月27日 (木)

宮沢りえ主演「湯を沸かすほどの熱い愛」⇒日本映画の今4

1_2
日本の家族映画が変わってきたぞ

変型家族映画の、新たな一面を示した逸品

http://www.atsui-ai.com

10月29日の土曜日から、クロックワークスの配給により、新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町、梅田ブルク7、なんばパークスシネマやらで、全国ロードショー。

本作は、2016年製作の、日本映画125分。

文=映画分析研究所 所長 宮城正樹

10
ⓒ2016「湯を沸かすほどの熱い夏」製作委員会

「日本映画の今」を分析するシリーズの最後は、日本的家族映画の今です。

日本の家族映画と言えば、邦画ジャンルでは、タイトル数が最も多い映画でありましょう。

家族映画の、マイ・ベストやカルトのスリーを、以前も披露したことがありましたが、

本作は21世紀的に変節してきた、家族映画の1本です。

表面上は、正統の家族映画のように見えて、実は変型家族映画なんです。

2_2
写真上から4枚目を見ますれば、銭湯を経営する4人家族の、アットホームな物語のように見えます。

「銭湯」=「寅屋」と見れば、「男はつらいよ」のような人情節、あるいは喜劇調かと言えば、チョイ違います。

家族の母親役の宮沢りえネーさんが、末期ガンに罹って余命いくばくもなし。

家族の誰かが、ビョーキに罹ってる映画もまた、日本の家族映画には、多くの例が見られます。

3_2
映画的流れとしては、お涙チョーダイ節に進まざるを得ないのですが、それがそんなに泣けない。

これは宮沢りえの、気高さでしょうか、どうでしょうか。

夫役のオダギリジョーは、パチンコ屋に行くと言って家出し、

別の女と、その女が、オダギリとの間にできたと言う、娘(伊東蒼)と生活してました。

代々の銭湯も休業。

でも、そのまま放置してたりえネーやけど、思わず末期ガンを告知され、1人娘(杉咲花)の将来も案じて、

夫オダギリの行方を、興信所を使って探すのであります。

9_2
見つけた夫を、りえネーは恐る恐る訪ねてゆきます。

でも、オダギリは女に逃げられて、ホンマに実娘かどうか、分からない娘と、2人で暮らしていました。

かくして、オダギリと娘が、りえネーと杉咲花の、母娘のとこに戻ってきて、4人の家族生活が始まるのです。

6_2
死期迫るりえネーのことは、夫オダギリしか知らない状況の中で、

りえネーと2人の娘や、夫との間に、キズナな物語が展開していきます。

母娘、夫妻のホロリなキズナではあるのですが、実は設定に、変型家族のポイントとなるところがあります。

ネタバレにつながりそうなんで、詳しいことはモチ言えないけど、

日本映画古来の、血族的家族ドラマ映画を、大いに外しているとだけ、言っておきましょうか。

7_2
娘2人や夫のエピソードをはじめ、りえネーが死ぬまでのいろんなエピソードが、日本映画に伝統的な人情節で包まれています。

りえネーが、娘たちとの旅で出会った、松坂桃李との話もまた、人情節に着地するのです。

4_2
自らの映画キャリア史上、初めての母役をこなした宮沢りえ。

自分の母への想いも、込めているのではないか、といったところも見え隠れし、穏やかにしてどこまでも優しい。

全くブレや激昂がない演技ぶり。これが宮沢りえだと言うべきなのでしょうか。

弱々しい病演技も含めて、宮沢りえは明らかに、本作でガラリと変わったと、ボクは思いました。


オダギリジョーのぶっきらな茫洋系演技や、

花ちゃん・蒼ちゃんの2人の娘の、ナイーブ演技などと、絶妙に溶け合っていました。

8_2
変型ではありますが、家族映画の着地度合いとしては、宮沢りえは死ぬけども、

従来の家族映画の心地よさと、さして変わりませんので、

家族一同で、安心して見に行ってください。

« 「うつろいの標本箱」⇒日本映画の今2 | トップページ | 「インフェルノ」⇒トム・ハンクス主演 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/68128527

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢りえ主演「湯を沸かすほどの熱い愛」⇒日本映画の今4:

« 「うつろいの標本箱」⇒日本映画の今2 | トップページ | 「インフェルノ」⇒トム・ハンクス主演 »