無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 「将軍様、あなたのために映画を撮ります」 | トップページ | 「泣き虫ピエロの結婚式」⇒週末日本映画劇場 »

2016年9月23日 (金)

「メカニック:ワールドミッション」

10
ジェイソン・ステイサム主演のシリーズ第2弾

暗殺者のハットトリックな手並みで、魅せるアクション作品

http://www.mechanic-movie.com

9月24日のサタデーから、ショウゲートの配給によりまして、全国ロードショー。

本作は、2016年製作のアメリカ映画99分。

文=映画分析研究所 所長 宮城正樹

1
ⓒME2 Productions, Inc. 2016

暗殺者・殺し屋映画ちゅうのんは、これまでにメッチャイロイロありました。

スパイ・ミッションとしての、側面ある映画も含めて、マイ・ベスト&カルト・スリー(各順不同)を、思いつくままの、独断と偏見により披露しますと…。

●ベスト⇒①ジャッカルの日(1973年製作・アメリカ映画)②ボーン・シリーズ(第1弾2002年・アメリカ)③暗殺の森(1970年・イタリア&フランス&西ドイツ)

●カルト⇒①本作②ニキータ(1990年・フランス)③暗殺者のメロディ(1972年・アメリカ&イギリス&イタリア)

7
●暗殺者映画と言えば、政治家・セレブに関わらず、1つの映画内で、1人のターゲットを狙うパターンこそ、王道やとは思います。

JFKやらの暗殺映画にも、ハラハラドキドキのサスペンス感・緊張感はあるんでおますが、

静謐に進行するベスト①や、暗殺者の心理に食い込んだベスト③カルト③、女暗殺者のカルト②などに、

ボクはより興味を覚えて、選択しとります。

6
ほんでもって、暗殺者映画とスパイ映画が融合して、大ヒットしたベスト②こそ、

暗殺者エンタ・アクションの、ピークを示す映画やと思いますが、

本作は、あくまで暗殺者として、依頼に応じて何人もを、殺すのんを描いたエンタ映画でおます。

そのいくつもの手並みとアクションが、メインの見どころとなった、つまりはハリウッド・アクション映画どす。

9
本作は、1970年代にピークを迎えた、ハリウッド・スター、チャールズ・ブロンソンが主演した「メカニック」(1972年)のリメイクやった第1弾に続き、

本作にはできなかった、シリーズ化とゆうか、第2弾映画化を実現した1作。

暗殺請負人は、ブロンソンから、21世紀のアクション俳優ジェイソン・ステイサムに転換、キャスティングされとります。

2
ただ、容姿は別にして、クールで寡黙なスタイルでゆうたら、

ブロンソンとステイサムは、ほぼ相似形とも取れる、演技性・アクション性を示さはります。

ステイサムの進化したとこをゆうたら、ド派手かつミラクルになったことやら、

恋のお相手のジェシカ・アルバちゃんとの、セックス露出がチョイ上がったちゅう、とこらあたりやろか。

3
実生活では結婚しコドモまで産んでやる、ジェシカ・アルバちゃんやけど、

彼女を救うためのアクションが、今回のステイサムの、メイン・ソースなアクションになっとります。

また、ジェシカちゃんも、アクションも披露しやるけど、従来のアイドル性は、まあ、維持してはるやろか。

8
トミー・リー・ジョーンズや、ミシェル・ヨーらの、ステイサムを引き立てたりする、サポート演技にはシブミがあるし、

ブラジル・リオ・ロケちゅうのんも、今らしい舞台背景だす。

5
タイトなロックンロールや、リズミックなヒップホップやらの歌ものサントラで、

アクション・ドラマを盛り立てるんも、良かったどす。

4
アメリカ映画のアクション映画の元気さが、久々とは言いませんが、カンジられた1作でおました。

また、屋上プールを使った殺し方など、従来にないアイデアにも、注目しておくんなまし。

« 「将軍様、あなたのために映画を撮ります」 | トップページ | 「泣き虫ピエロの結婚式」⇒週末日本映画劇場 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/67604690

この記事へのトラックバック一覧です: 「メカニック:ワールドミッション」:

« 「将軍様、あなたのために映画を撮ります」 | トップページ | 「泣き虫ピエロの結婚式」⇒週末日本映画劇場 »