無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« パレスチナ映画「歌声にのった少年」⇒音楽映画1 | トップページ | 「はじまりはヒップホップ」⇒音楽映画3 »

2016年9月28日 (水)

「イエスタデイ」⇒音楽映画2

1ビートルズ・キッズたちの青春映画っぽいけど

意外や意外!ノルウェー産ラブ・ストーリーの快作

http://yesterday-movie.com

10月1日のサタデーから、マクザムの配給によりまして、新宿シネマカリテやらで、全国順次のロードショー。

本作は、2014年製作の、ノルウェー映画114分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

9
ⓒ2014 Storm Rosenberg. All rights reserved. Exclusively licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan Distributed by MAXAM INC.

ビートルズを描いた、ドラマ映画やドキュメンタリーは、それなりにありますし、話題の長尺ライヴ・ドキュも登場します。

でもしか、何を今さらビートルズなんて、思われる方もいてるかもしれへんけど、

ビートルズの歌を聴けば、納得するハズどす。

音楽史に残るアーティストとして、モーツァルトにも退けをとらないと、個人的には思とります。

2
ただ、本作はビートルズを描くんやなく、ビートルズに憧れた若者たちの、青春を描く映画でおます。

音楽だけやなく、誰かに憧れて、その人を目指して、頑張る映画とゆうのは、ケッコーあります。

本作の主人公たちは、ビートルズチックなバンドを目指してはって、確かに練習するシークエンスは、映されとるけども…。

4
ビートルズの、ポピュラー史に残る名作アルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブバンド」を、みんなが聴くシーン(写真上から2枚目)やら、

主人公がリード・ボーカルの、高校生バンドが歌う「イエスタデイ」の弱弱声のバージョンやら、

ビートルズのオリジナル・ナンバーを、3曲ほど流して、

ビートルズチックを、それなりに整えてはります。

5
でもしか、作品のポイントは、ラブ・ストーリーにありますねん。

ビートルズチックを目指す、バンドの話を媒介にしもって、主人公のラブ・ストーリーを、際立たせてゆく作りになっとります。

主人公はまず映画館で、男のヒューマン映画「その男ゾルバ」(1964年製作・アメリカ&ギリシャ)を、

隣り合って見た女の子と、1度だけの出会いとキスをしはります。

3
でもって、その過去の記憶が忘れないままに、主人公は転校生の女の子と、恋に落ちるとゆう展開だす。

但し、過去は深くこだわるほどには、ネチネチしとりまへん。

10
そやから、あくまで2人の恋物語が、メイン・ソースになっとりますねん。

最初は何ともなかったんが、主人公が彼女の危機を助けたことから、急接近し、やがては、彼女のために曲を披露しようとしはります。

まあ、ある種パターン化しとる、恋愛もののように見えつつも、

7

ビートルズの、メロディアス・ピアノ・スローの名曲「レット・イット・ビー」を流しての、

2人の恋の行方を映す、クライマックスは、ドラマティックどした。

6
レナード・コーエンの、ギターの弾き語りナンバー「スザンヌ」や、フェンダー・ギターの効果、ブルースなど、

シブミある音楽使い、サントラ使いが、フック的にじんわりと胸にきました。

8
本作の原題は「ビートルズ」どして、そのストレートさが、逆に甘酸っぱさを呼び込みます。

「あの頃ペニー・レインと」(2000年・アメリカ)のような、恋の成就・破局は別にして、哀愁感ある作り込みになっとります。

11_2
また、ビートルズ・テイストな映画が、ノルウェーとゆう、イギリス以外のユーロから出てきたのは、たぶん初めてなんやないやろか。

その意味でも、ボク的には、のめり込んで見られよった青春映画でありました。

« パレスチナ映画「歌声にのった少年」⇒音楽映画1 | トップページ | 「はじまりはヒップホップ」⇒音楽映画3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/67693571

この記事へのトラックバック一覧です: 「イエスタデイ」⇒音楽映画2:

« パレスチナ映画「歌声にのった少年」⇒音楽映画1 | トップページ | 「はじまりはヒップホップ」⇒音楽映画3 »