無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 福山雅治主演「SCOOP!」⇒日曜邦画劇場 | トップページ | 「イエスタデイ」⇒音楽映画2 »

2016年9月27日 (火)

パレスチナ映画「歌声にのった少年」⇒音楽映画1

1
「スラムドッグ$ミリオネア」と比較できる、サクセス・ストーリーの快作

音楽映画としても、感動ある作品だ

http://www.utagoe-shonen.com

9月24日の土曜日から、アルバトロス・フィルムの配給によりまして、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、テアトル梅田、なんばパークスシネマやらで全国順次の上映中だす。

本作は、2015年製作の、パレスチナ映画98分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

2
ⓒ2015 Idol Film Production Ltd/MBC FZ LLC/KeyFilm/September Film

第三世界なんちゅうたら、チョイ古いかもしれへんし、発展途上国なんちゅうても、もっと古いやろけど、

今風にゆうたら、紛争問題国家なんちゅうたら、エエんやろか。

そんな国のパレスチナから、コドモの時から「スターになって世界を変える」と夢見たことが、大人になって実現するとゆう、感動のサクセス・ストーリーが登場。

しかも、実話ベースどす。

7
第三世界の映画ちゅうたら、例えば、コドモたちが主人公の場合なら、

どちらかとゆうたら、ナーバスな悲劇調、もしくは逆に素朴系ほのぼのな映画が、多いように思います。

本作と同じく、前向きなサクセス・ストーリーとなり、アカデミー作品賞をゲットした「スラムドッグ$ミリオネア」(2008年製作・イギリス映画)は、

インドが舞台も、イギリス資本が入ってるので、純粋には、低予算の第三世界映画とは、格差とゆうか違いがあります。

3
でもしか、本作の監督ハニ・アブ・アサド監督は、「スラムドッグ$ミリオネア」を、意識していたかどうかは分かりまへんが、

「クーリエ」(弊ブログ分析済み)など、インディーズながら、ハリウッドでの監督経験も活かして、

第三世界、特に紛争問題国からの映画としては、メッチャ珍しい、コドモ時代から描く、サクセス・ストーリーな映画となりました。

国家の問題点も描いた「オマールの壁」(弊ブログ分析済み)でも、ハリウッド・テイストが目立っとる作品でおました。

4
さてはて、サクセスする主人公の、コドモ時代が本編の前半で描かれます。

共にバンド・スターを目指した、男オンナな元気系の姉が、腎不全で死亡する悲劇まで。

このところは唐突なカンジがしたけど、実話ベースなんで仕方ありまへん。

でもしか、この姉やんが印象深いどす。大人になった主人公にも、大きな影響を与えはるんだす。

6
でもって中盤より、大人になった弟が、オーディション番組「アラブ・アイドル」を目指す艱難辛苦が、ある意味スリリングに描かれてまいります。

つまり、予選参加のために、パレスチナからのエジプトへの脱出作戦。ほんで、肝心の予選。本選はベイルートどす。

そのイロイロが、緊張感に満ちて描かれてゆくんだす。

8
彼がやるのは、歌を歌うことでおます。

つまり、音楽映画としてのサクセスも、爽快に味わえる作品になっておます。

また、スムーズにサクセスするんやなく、いくつかのハードルを用意してんのも、実話やちゅうても、ドラマ的にも映えておました。

5
カットバックを施した「スラムドッグ$ミリオネア」とは違い、時間通りに沿った作りでおまして、

そのストレートな分かりやすい作りが、むしろ逆に、新鮮やったです。

ラストへ向けて、主人公が国民的アイドルへとなっていく、盛り上げ演出ぶりは特筆どした。

個人的には、今一度、映画館で見たい映画でおました。

« 福山雅治主演「SCOOP!」⇒日曜邦画劇場 | トップページ | 「イエスタデイ」⇒音楽映画2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/67678767

この記事へのトラックバック一覧です: パレスチナ映画「歌声にのった少年」⇒音楽映画1:

« 福山雅治主演「SCOOP!」⇒日曜邦画劇場 | トップページ | 「イエスタデイ」⇒音楽映画2 »