無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 「滝を見にいく」⇒週末日本映画劇場1 | トップページ | 前田敦子&染谷将太共演「さよなら歌舞伎町」⇒日曜邦画劇場 »

2014年12月13日 (土)

橋本愛ちゃん主演「ワンダフルワールドエンド」⇒週末日本映画劇場2

Photo
21世紀の第2世代女優・橋本愛ちゃんの、カルトな最高傑作

21世紀生まれの、蒼波純ちゃんとの交流を描く

http://www.ww-end.com

2015年1月17日の土曜日から、SPOTTED PRODUCTIONSの配給によりまして、東京・新宿武蔵野館やらで、全国順繰りのロードショーでおます。

文=映画分析研究所 所長 宮城正樹

6

Ⓒ2014 avex music creative inc.

平成初期生まれとなる、21世紀の日本映画の第2世代女優たち(能年玲奈・橋本愛・二階堂ふみ・ほか)の活躍が、かしましゅうなっておます。

第1世代、第2世代について、このところ、イロイロ手前勝手に、論じてきよりましたけども、今回は橋本愛ちゃんどす。

愛ちゃんの、マイ・ベスト&カルト・スリー(各順不同・弊ブログで全作分析済み)をば、披露いたします。

2●ベスト⇒①告白(2010年製作)②桐島、部活やめるってよ(2012年)③リトル・フォレスト夏・秋編(2014年)

●カルト⇒①本作②寄生獣(2014年)③アバター(2011年)

●愛ちゃんは、ベスト①で初めて見て以来、ボク的には低血圧演技なクールさが、持ち味なんやと思てました。

能年玲奈ちゃんと初共演した、主演作カルト③もまた、非情で冷酷なホラーチックな、学園ヒロイン演技。

5
そのクールさが、ベスト②でも尾を引いとったけど、でもしか、最近では、血の通った人間らしさを、見せ始めてはります。

クール・ビューティーなイメージを維持したままも、優しさや柔和なカンジを押し出してはります。

冬・春編も楽しみな、地域の人やオカンとの交流が、エエ感じのベスト③、

主人公・染谷将太(明日分析の「さよなら歌舞伎町」でも主演)と、麗しの(?)恋が展開する(!?)カルト②。

8
ほんでもって、本作では、売れないアイドルをば、ヤラはりました。

いかにもな自然体演技で、メールや動画、スカイプを使って、自己ピーアールを、DJ的トークを織り交ぜて、続けていかはります。

スマホの動画を取り込んだカットが、枠取り的に展開し、映画を見てる感覚が、

やがて曖昧になってゆくような作りと流れは、21世紀的な感覚やと申せましょうか。

7
愛ちゃんと、家出してきた女子中学生との交流が、本作のポイントどす。

その中学生役には、講談社「ミスiD2014」でグランプリをゲットした、蒼波純(あおなみ・じゅん/画像1枚目の右)ちゃんが、ヤッてはります。

ゴスロリのアミちゃんとゆう役柄に、メッチャはまってやんねん。

こおゆう中学生て、関東には、いっぱいいてんのとちゃうやろか。

そやから、親しみやすさや、同世代の感情移入度は格段やろな、多分。

10
でもって、橋本愛ちゃん的には、最も素に近い自然体を、初めて演じた1作やったかと思います。

純ちゃんと2人で手をつないで、草原を走ってゆくシーンは、その流麗な美しさを含めて、本作イチバンヤーの見せ場でおました。

9
菜の花のイエロー、桜、若葉など、スカイプなどのデジタル仕掛けと、対比させるような、自然シーンにも注目どすえ。

4
そして、さらなる注目は、音楽監督もし、出演もしはった、大森靖子(せいこ)のネーさんや。

Charaやaikoに通じる、アンニュイな感覚ある、ポップ・ナンバーを、本編でライブしはり、ほんで、ラストロールでは、サントラ主題歌として流れます。

松居大悟監督的にも、音楽とのコラボ作品としては、ラブ・ストーリー「自分の事ばかりで情けなくなるよ」(2013年・弊ブログ分析済み)と、甲乙付けがたい傑作どした。

« 「滝を見にいく」⇒週末日本映画劇場1 | トップページ | 前田敦子&染谷将太共演「さよなら歌舞伎町」⇒日曜邦画劇場 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/58232852

この記事へのトラックバック一覧です: 橋本愛ちゃん主演「ワンダフルワールドエンド」⇒週末日本映画劇場2:

« 「滝を見にいく」⇒週末日本映画劇場1 | トップページ | 前田敦子&染谷将太共演「さよなら歌舞伎町」⇒日曜邦画劇場 »