無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« ロシア映画「ヴェラの祈り」⇒ミステリアス家族ドラマ映画1 | トップページ | 「滝を見にいく」⇒週末日本映画劇場1 »

2014年12月11日 (木)

ロシア映画「エレナの惑い」⇒ミステリアス家族映画2

1
おばはんの完全犯罪を描く倒叙ミステリー

ヒッチコック監督も真っ青な、驚きのフツーさや~

http://www.ivc-tokyo.co.jp/elenavera/

12月20日のサタデーから、アイ・ヴィー・シーはんの配給によりまして、東京・ユーロスペースやらで、全国順繰りのロードショー。

本作は、2011年製作のロシア映画どす。

文=映画分析評論家・宮城正樹

昨日の続きで、いきなりやけど、ロシア・ソ連映画のマイ・ベスト&カルト・スリー(各順不同)を、やってみます。

誠に勝手やけど、ちゅうか、勝手すぎるんやけど、ベストは20世紀製作作品、カルトは21世紀作品にしました。

●ベスト⇒①惑星ソラリス(1972年製作・ソ連映画)②ヴェラの祈り③イワン・デニーソヴィチの一日(1971年・アメリカ&イギリスで、ソ連製やないけども…)③誓いの休暇(1959年・ソ連)

●カルト⇒①本作②不思議惑星キン・ザ・ザ(1983年・ソ連)③エルミタージュ幻想(2002年・ロシア&ドイツ&日本)

4
●ロシア映画はハリウッド映画とは違い、意外性に満ちて、ボクチン、いつも驚かされてきよりました。

SF映画のベスト①カルト②は、アメリカの「2001年宇宙の旅」(1968年)と、比肩してもおかしくない作品どす。

ワンカット長回しの、世界最長不倒記録1時間30分の、アレクサンドル・ソクーロフ監督のカルト③、収容所ものの新鮮味なベスト③「イワン…」、

戦争ものでも、兵士の休日に焦点を当てた、ロードムービーのベスト③「誓い…」など、アンチ・商業主義ハリウッド的な作品が、目白押しやねん。

けども、大衆受けするような、ヤッパ、分かりやすさも必要やんか。

そこで、サスペンス・ミステリー映画としても、いける本作でおます。

ストーリーもミステリー的流れも、シンプルでメッチャ分かりやすいねん。

けども、その間合いやったり、犯罪を犯すヒロインの、冷静な自然体やったりに、ウーンと渋く、サスペンスを感じる作品になっとります。

3_2
作家的にサスペンスをクリエイトし、名作がいっぱいある巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督から、本作を見はったら、きっと驚かはるハズどす。

話はメッチャ単純。子持ち妻帯者の息子がいるおばはんと、フラフラしてる1人娘がいとる、富豪のオジンが再婚し、

ほんで、死にかけのオジンの遺書が、ミステリー的には、大いなるポイントになる映画どす。

遺書を巡る、遺産争いの映画とゆうのんは、それなりにあります。

けども、本作はどこまでも静かに潜行し、犯罪が実行されてまいります。

悪女やないんやけど、悪女になりきれない、フツーの人たちの犯罪映画として、見たあとジワリと、胸にクル映画やろか。

2
確かに、ヒッチコック監督的な、サスペンスフルなインスト・サントラやら、ハリウッド映画にありがちな、大仰で重厚なオーケストラ・サウンドを流したりはしてはります。

けども、静かな犯罪とゆうか、ヒロインおばはんのキモチになって、見れてハラハラちゅうカンジではあります。

ボク的には、ロシア映画が、こおゆうヒッチコック的でありながら、その動に対する静を示す映画、ちゅうとこを作り出した点において、ハッとウッとな驚きと衝撃がありました。

ヒッチ監督も、きっと驚いたハズやろかと思います。

基本は家族映画。でもしか、キズナを描く正統系の家族映画とは、真逆の仕上げや。

ラストの方の移動撮影を含む、長回しの撮影シーンなんか、目を凝らして見れば見るほど不気味で、キズナなんかどこ吹く風!、なとこが感じられたりしよりまっせ。

ヒッチコック的をば、人間のやらしい静謐さでくるんでみた作品。

なんやしらんけど、気色悪いわーっちゅう、そんなカンジの付きまとう作品でおました。

« ロシア映画「ヴェラの祈り」⇒ミステリアス家族ドラマ映画1 | トップページ | 「滝を見にいく」⇒週末日本映画劇場1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/58214504

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア映画「エレナの惑い」⇒ミステリアス家族映画2:

« ロシア映画「ヴェラの祈り」⇒ミステリアス家族ドラマ映画1 | トップページ | 「滝を見にいく」⇒週末日本映画劇場1 »