無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« 今までにないんとちゃう? このジャパニーズ・アニメ「緑子/MIDORI-KO」 | トップページ | ロシア舞台の日本映画「カリーナの林檎~チェルノブイリの森~」 »

2011年11月 8日 (火)

職人ドキュと青春ドキュの合体「森聞き」

Morikiki_main
老職人たちと10代の若者たちをつなぐ、グッド・コミュニケーション・ドキュメンタリーや~

東京、富山、三重、奈良、宮崎、北海道と、全国各地をカメラは巡りまっせー

http://www.asia-documentary.com/morikiki/

霜月11月12日の土曜日から、プロダクション・エイシアはんの配給によりまして、大阪・第七藝術劇場やらで、全国順グリの上映どす。

文=映画分析評論家・宮城正樹

日本各地の村々で家業を受け継ぎ、長~い間働いてはる農業・林業やらの職人はんら。つまり、タイトルにある森(山・田畑含む)で働く、オジン・オバンたち。

それもフツーの農業やら林業やらではありまへん。焼き畑、大木に登っての種採り、茅葺きの家造りの材料採り、北国の孤独で特殊なキコリはん…。

そんな人たちに、高校生らがイロイロ話を聞きに行って、実地体験もするなんてゆう「森の“聞き書き甲子園”」なるものを、2002年から、文部科学省や林野庁やらの主催でやってはるんでおます。

そんな中で2008年から2010年のエピソードから、特注の4話を抜粋しはったんが、本作のドキュメンタリーでおます。

村や村の老人たちを描いたり、職人はんを描いたりする、いわゆる村ドキュ・職人ドキュやったら、今までにたくさんござりました。一方で、高校生らの若者が、青春を懸けるみたいなタイプの、スポーツ・ドキュとか部活ドキュなんてのんもありました。

でも、コレはその2つを融合しはったようなカンジになっとりまして、オジン・オバン世代と孫世代の、親世代抜きの、2世代間交流とゆう作りになっとるんどす。

Morikiki_sub1
老人と孫世代の交流映画もまた、これまでにそれなりに出てまいっておます。しかし、本作は4話オムニバスとゆうカンジで、4倍おいしいかどうかは分かりまへんけども、束の間やけど2人の交流なるもんが、シミるとこもありま。

東京の女子高生が富山の茅葺き現場へ、「NARUTO」やらのマンガ好きの、三重の男子学生が奈良の山奥へ、宮崎の全寮制の女子高生が焼き畑の現場へ(写真2枚目)、将来林業に就きたいとゆう北海道の男子が、伝説の木こりのとこへ(写真1枚目)とゆうように、全国各地の山野ロケを選んではるとこに、単なる閉所やなくてでんな、全国の田舎のどこにでもあるとゆう風景やったり、一般的な説得力を持たせようとしてはります。

さらに、4エピソードのそれぞれが、若者からのインタビューと、老人のシブい話で統一されながらも、全部違ったユニークな逸話として紡がれておるんです。

例えば、山とゆう空間を自由に歩く自由人にして宇宙人やとゆう、木こりの老人の話などはオモロイわ。

でもって、サントラどす。楽器をバックにせえへん、癒やしのアカペラがしょっちゅう流れます。楽器的な音も、声で表現されておます。フィンランドの6人組「ラヤトン」が歌ってはりますが、森イメージにピッタリのこれらの歌が、映画をさらに印象深いもんにしてはります。

昨年対象やったんやけど「キネマ旬報」の文化映画ベストテン入りは、当然のケッサクでおました。

« 今までにないんとちゃう? このジャパニーズ・アニメ「緑子/MIDORI-KO」 | トップページ | ロシア舞台の日本映画「カリーナの林檎~チェルノブイリの森~」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/42799617

この記事へのトラックバック一覧です: 職人ドキュと青春ドキュの合体「森聞き」:

» 明日から大阪第七藝術劇場で [大道映画人]
明日からいよいよ、大阪第七藝術劇場での「森聞き」ロードショー。     11月... [続きを読む]

« 今までにないんとちゃう? このジャパニーズ・アニメ「緑子/MIDORI-KO」 | トップページ | ロシア舞台の日本映画「カリーナの林檎~チェルノブイリの森~」 »