無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画・音楽分析研究所 所長 宮城正樹
    1→新作含む公開前映画の批評分析を、1日1本を毎日行います。関西発なので、あえて関西弁にて批評いたします。2009年12月11日よりスタートし、5年連続を突破しましたが、2015年5月中旬より、週3~4作更新といたします。厳選した作品分析を、お楽しみください。 2→不定期となりますが、新作映画の出演者・監督・スタッフらのインタヴューや取材記事、CDアルバムやシングルのレコ評、DVD評に、小説・書籍評、各種の分析批評なんぞをいたします。

音楽・小説分析


« ロマンポルノRETURNS映画「後ろから前から」 | トップページ | 井上真央主演映画「ダーリンは外国人」 »

2010年3月25日 (木)

韓国映画「ビバ!ラブ」

「冬のソナタ」にチェ・ジウのママ役で出てはった

キム・ヘスクはんが、みんなの願望を実現しはりました

http://cinemakorea.org/rkcf/

4月3日(サタデー)から、「真!韓国映画祭」の1本として、大阪・第七藝術劇場でロードショーしはったあと、全国各地へ回る予定でおます。キノアイ・シネマスコーレ・シネマコリア3社共同の配給作品だす。

文=映画分析研究所 所長 宮城正樹

Photo Photo_2

ニッポンの40代から60代くらいまでのオンナの方々を、今もなお夢中にしてはる韓流テレビドラマ界でおますが、ココに究極の、みなさんの願望実現映画がやってまいりましたでー。

おっきな娘がいてはる50歳のおばはんが、その娘の元フィアンセ、若い年下のイケメンと恋をしやはり、共に両思いのハッピー、ハッピーとなります、なんともいわれへんようなラブ・ストーリーだす。

コレが長編映画デビューとなるオ・ジョムギュン監督はんでおますが、おそらく日本の女性ファン向けに、この作品を意図的に計略的に、作らはったんやと、ボクチンは思いました。

韓流ドラマのファンであれば、じゅうじゅうに分かってはることやと思いますが、ドラマの出演男優のファン・イベント、ファン・ミーティングとも申します、やらで韓国でのいろんなイベントに、ニッポンの方々がいっぱいきやはるのを、この監督は目の当たりにしてはったのでしょう。

ならば、ニッポン女性のその年齢に合わせて、ヒロインを設定し、しかも若いイケメンとの恋を成就するような映画を作ったら、そら、ものすごいことになるんとちゃあうんと、思わはったのでおましょう。

それはある種、勘違いなのかもしれまへんが、本作はそういう50歳前後のアラフィフ世代の女性の、ヒロイン・ドラマとしては、ユニーク極まりない快作になっておりました。

「冬のソナタ」でチェ・ジウ姫のオカン役をやってはりました、ベテラン女優のキム・ヘスクはんが、微妙で繊細な好演技を見せてくれはります。パク・チャヌク監督の新作「渇き」(2月17日付けで分析済みでおます)では、異能とゆうか、これまで見たことがないようなオカン役をやってはりました。その時の演技とは、まあ、180度正反対の演技でおましょうか。

夫も、もちろんいてはって、夫も愛人がいてはるんでおますが、娘の婚約者とのコドモを妊娠するとゆう、この異質極まりない設定やのに、どこまでもアッケラカンとした明るい作りが、この映画の魅力でおましょう。

街の人たちが集まって、この妊娠と恋愛を祝福するシーンなど、まあ、日本映画では、まずないシークエンスでしょうな。

冒頭の手書きアニメや、イタリアンっぽい陽気なギター・サントラなんかも、ドラマ効果を呼んでおます。

Ⓒ2008 IB Pictures Co. Ltd.

« ロマンポルノRETURNS映画「後ろから前から」 | トップページ | 井上真央主演映画「ダーリンは外国人」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308338/33818837

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国映画「ビバ!ラブ」:

« ロマンポルノRETURNS映画「後ろから前から」 | トップページ | 井上真央主演映画「ダーリンは外国人」 »