フォト

1行紹介

映画・音楽・小説の分析やりま。

自己紹介文

時に「映画・音楽・小説分析評論家」時に「映画分析研究所 所長」を名乗る宮城正樹でおます。

これまでのボクチンの経歴どす。

滋賀県栗東市生まれ。同志社大学時代には映画を見続け、主演して8ミリ映画も撮っておま。映画企画もいくつかござります。

職歴を申しますれば、大阪日日新聞
編集局校閲部→整理部→文化部映画・音楽担当記者。
その後、レコード新聞編集部。
編集長となり、槇原敬之、のりピー、篠原涼子からベンチャーズ、カイリー・ミノーグ、忌野清志郎まで100組以上のミュージシャンの単独インタビューを始め、2P特集の執筆・写真撮り・校閲までを担当。

その後フリーとなり、1人編プロ「宮城事務所」設立。

宮崎あおい、原田芳雄、山城新伍、長門裕之から中田秀夫、堤幸彦監督まで、映画俳優・監督のインタビューも始めて、これまでに、200組・人以上の単独インタビューをしとります。

これまでの主な仕事。
「キネマ旬報」「別冊宝島 音楽誌が書かないJポップ批評」。

映画辞典「ぴあシネマクラブ」編集・執筆・加筆修正・校閲・「ぴあシネマ白書」執筆など。
「韓流ぴあ」「朝日新聞」大阪夕刊の紙上映画対談、「日経エンタテインメント!」など。

弊ブログが、期間中最もアクセス数が多かったとのことで、アルファポリス社主催の「雑学・趣味大賞」で「最優秀読者賞」を受賞しました。

最新の書籍の仕事としては、

「大人の教養大全」(宝島社)の「文学知識」の章を執筆。