無料ブログはココログ

新作映画分析

  • 映画分析研究所 所長 宮城正樹
    新作含む、公開前映画の批評分析を行います。 映画史を俯瞰するようなスタイルと、小説・演劇ほかではなく、映画評でしかできないところに、肉迫せんとしています。 2009年12月11日よりスタートし、ギネスレコーズ却下後の、2015年5月頃より、週3~4作更新としております。厳選した作品分析を、お楽しみください。

音楽・小説分析

  • ">

濱口竜介監督の新作「悪は存在しない」⇒4月公開の年間ベストテン級映画


4月時点の邦画・洋画ベスト3は
 
ロゴをクリックください⇒
 
4月までに公開・公開中・

公開済み作品に限定

2_20240425000601
ライヴ用映像入り誘致問題映画
 
自然と共生する人間ドラマ
 
 
4月26日の金曜日から、Inclineの配給により、Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下、シモキタ -エキマエ- シネマ『K2』ほか、5月4日からシネ・ヌーヴォ、第七藝術劇場ほか、全国順次のロードショー。

本作は2023年製作の日本映画106分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

Ⓒ2023 NEOPA / Fictive

★本作はIncline主催の試写会に招待されて鑑賞した。

3_20240424232101

ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞

(審査員グランプリ)を受賞した、

濱口竜介監督の

「ドライブ・マイ・カー」(2021年)

以来3年ぶりの新作。この受賞で

世界3大映画祭(カンヌ・ベルリン・

ヴェネチア)とアカデミー賞を

全て受賞した、日本人監督では

黒澤明以来2人目の快挙となった。

本作は「ドライブ・マイ・カー」

の音楽監督の音楽家・石橋英子の

ライヴ用映像「GIFT」を

濱口監督が製作・監督する

話から始まった。

1_20240424232201

今までの濱口映画の撮り方とは

違っていたが、監督はまず

新作のドラマ映画を作り、

その中からライヴ用映像を抜粋

して編集するという手法を取った。

湖面に映る木々や樹林を

下からパンで撮るといった、

ロケ先の長野の自然風景などが

抜粋されたようだが、実は

本作でもそれらのシーンは

主人公たちの心理を反映した

カットになっている。便利屋ながら

清水を汲み木を切り巻き割りし、

自然と共に生きる主人公

(演技の新人・大美賀均=

おおみか・ひとし)とその娘

(新人・西川玲=にしかわ・りょう)。

5_20240424232301

父娘2人が林の中、森中を

歩いたりする、いつもの姿が

移動撮影などで撮られる。

癒やしのある風景だが、

次のシーンではグランピング場

(何も用意せずに宿泊できる

キャンプ施設)誘致計画で

街の公民館で誘致企業の2人

(小坂竜士=こさか・りゅうじ&

渋谷采郁=しぶたに・あやか)が

住民たちを前に説明して

質問を受けているシーンへ転換。

そこで、鹿や水源や自然破壊などの

問題が提起され、コロナ禍の政府の

補助金を得た芸能事務所の企業側

と住民側の対立感が

浮き彫りになる。

主人公を管理人にしろとの

社長命令を受けた2人は街に戻り、

主人公と交渉するが…。

4_20240424232301

静かな展開で物語は進行し、

寡黙でぶっきら棒な主人公と

穏やかな事務所の男との

心理的やりとりへ。そして

事件が起こり、

何とも言えない結末と共に、
 
いろんな解釈ができる映画だが、

自然に生きる人間のサガの

ようなものが感じられた。さらに

バイオリンの多重演奏の

サントラが心に響く仕上がり。
 
「悪は存在しない」を脳裏に置いて

作られたようなドラマだが、

事務所の社長など本当の

悪人らしき者には

クローズアップしないところに、

この映画のアイロニカルがある。

現実的な問題がもっと非現実へと

昇華されるかつてのATG的

アート映画の傑作だ。


この記事の


「人気ブログランキング・映画全般」

での順位は、

下記のロゴをクリックください。

2024年5月30日 (木)

永野芽郁・高橋文哉共演「からかい上手の高木さん」⇒明朗快活のラブストーリー

2_20240529222401
今泉力哉監督の新作
 
大人気コミックの初の実写映画化
 
コミカルながら本格派恋愛映画だ
 
 
5月31日の金曜日から、東宝の配給により全国ロードショー。

本作は2024年製作の日本映画119分。

文=映画分析研究所 所長 宮城正樹

Ⓒ2024映画『からかい上手の高木さん』製作委員会

Ⓒ山本崇一朗/小学館

★本作は東宝主催の試写会に招待されて鑑賞した。

1_20240529224101

テレビアニメ化、劇場版アニメ化を

経て、初の実写映画化となった

ラブストーリー。シリーズ累計

1200万部を突破した

大人気コミックが原作となった。

そうした恋愛映画は数多いけど、

本作の場合は特別な

オリジナリティーを感じさせる。

今泉力哉監督の新作だが、監督の

恋愛映画の陰陽で例えるならば、

陰の「愛がなんだ」(2019年)に

対して陽の本作といった感じ。

からかう女性、からかわれる男性の

関係で描かれる、

コミカルなノリながら、これが

本格的な恋愛映画並みに

恋愛を感じさせる映画になった。

3_20240529224201

劇中のオリジナル・アニメ

「100%片思い」を西片(高橋文哉)

がスマホで見ている時に、

10年前の中学時代にパリへと

移住した高木さん(永野芽郁)から

電話が掛かる。中学生の時、

高木さんにからかわれ続けた

西片だが、そんな彼女が母校の島へ

教育実習生として帰ってくるのだ。

しかも、教師の西片が担任する

クラスへ。そして2人の「からかう」

「からかわれる」関係が

戻ってくるのだった。

4_20240529224301

2人共その関係を楽しむように

交流していく。不登校の男の子と

彼に告った女生徒の問題を、

高木さんと西片がそれぞれ

考えつつ、2人の関係へと

フォーカスしていく作りが巧妙だ。

好きな人がいるかどうかを

西片が高木さんに聞こうとする

長回し撮影シーンや、

花火を2人で座って見るシーン

など、告るか告られるかの

ハラハラのシーンが続出。

クライマックスの教室で

座り合っての10分以上の

固定長回しによる2人の

対話シーンは、本作の

最大の見どころとなっている。

5_20240529224301

とにかく暗いトーンが

ほとんど感じられない作りで、

永野芽郁、高橋文哉共に

明るい明るい。

高橋は時にシャイだけど。

それでいて、
恋愛とは何かを、

簡明なセリフと挙動によって

示していく作りが

巧みのワザあり、だった。観客の

感情移入度も高い作品だろう。

よって、恋愛成就のための

デートムービーとして

最適な作品なのだ。


この記事の


「人気ブログランキング・映画全般」

での順位は、

下記のロゴをクリックください。

2024年5月29日 (水)

小松菜奈・松田龍平W主演「わたくしどもは。」⇒静謐のラブストーリー

2_20240528231201
さまよう魂のラブストーリー
 
小松菜奈の映画復帰作
 
 
5月31日の金曜日から、テツヤトミナフィルムの配給により、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺、テアトル梅田、なんばパークスシネマほか、全国順次のロードショー。

本作は2023年製作の日本映画101分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

Ⓒ2023 テツヤトミナフィルム

★本作はテツヤトミナフィルム主催の試写会に招待されて鑑賞した。

1_20240528232601

M・ナイト・シャマランの

大ヒット作「シックス・センス」

(1999年・アメリカ)を見た時の衝撃

と同じようなものが胸に走った。

いわゆる中継地として描いた

是枝裕和監督「ワンダフルライフ」

(1998年)のテイストの

裏道路線といった趣きだが、

こちらはあくまで現世と来世、

ヒア&ゼアの間であり、ホラー的な

恨みによるさまよいではなく、

おそらく愛への執着がなせる

ワザだと思われる。「雨月物語」

(1953年・モノクロ)や

「ツィゴイネルワイゼン」(1980年)

の世界観だ。そのことはさっそく

冒頭のシーンから示される。

3_20240528232701

今作が映画復帰作となる小松菜奈

と松田龍平が向かい合い、

「生まれ変わったら、今度こそ、

一緒になろうね」のセリフが

口にされる。舞台も
ロケ先も佐渡島。

既に廃坑となっている佐渡金山。

そこで住み込みで清掃員として

働くキイ(大竹しのぶ)は、ある日

抗内に横たわっていた謎の女

(小松菜奈)を同じ住み込みの

清掃員
として働かせ

ミドリと名付ける。

彼女は坑内でアオ(松田龍平)

出会い、デートに誘って

会い続けるのだが…。

4_20240528232701

恋や愛とは呼べない付き合いが

始まるのであった。2人は

感情があるのかないのか

分からないくらいクールな

無表情に徹している。遠近感ある

ロングショットを繰り出すが、

時おり小松菜奈のアップ・シーン

が挿入される。風の音、

木々のそよぎ、鳥の声などの自然音。

さらに
耳障りではない

環境音楽的なシンセ・サウンド

が流れる。また、

ピアノやバイオリンなども加わり、

静かでゆるやかな時間が

流れていく。音楽は

RADWIMPSの野田洋次郎が担当。

5_20240528232801

神妙な面持ちでキイに重要なこと

を告げる
館長(田中泯)、

バスガイド役ながら

アオの前に突然現れるムラサキ

(石橋静河)など、役者みんなが

さまよいに則した演技を見せる。

バイクに乗ったアオとミドリの

シークエンスが映画の真相を

匂わせる。さまよう魂同士の

不可思議で静謐なラブストーリー。

芸術映画度合いが増した

富名哲也監督の長編第2弾だ。


この記事の


「人気ブログランキング・映画全般」

での順位は、

下記のロゴをクリックください。

「お終活 再春!人生ラプソディ」

2_20240528225401
人生100年時代の

再び!青春ドラマだ
 
シニア映画のポジティブな快作
 
 
5月31日の金曜日から、イオンエンターテイメントの配給により、全国ロードショー。

本作は2024年製作の日本映画118分。

文=映画分析研究所 所長 宮城正樹

Ⓒ2024「お終活 再春!」製作委員会

★本作はイオンエンターテイメント主催の試写会に招待されて鑑賞した。

1_20240528230501

実写のプログラムピクチャーが

ほとんど皆無の今、

その懐古ではなく、再開を目指して

作られたように感じられる1作。

「家族はつらいよ」

シリーズの橋爪功と、

高畑淳子が演じる、熟年夫婦の

人情喜劇「お終活 熟春!人生、

百年時代の過ごし方」(2021年)

に続く第2弾。

人生100年時代のための

「再び!青春を!」をコンセプト

にして、物語は展開する。

夫妻と娘(剛力彩芽)の3人家族

を核に、多彩なベテラン男優・

女優が登場してくる。

3_20240528230601

まずはカメオ出演で

三浦友和が実名で登場。

葬儀社の社員(水野勝)と娘の結婚

が迫る中、夫の認知症度合いが

介護の1に認定され、デイサービス

に出かける羽目になる。一方、妻は

シャンソン歌手を目指して

かつての先生(凰稀かなめ)を

訪ねて練習を始める。

そして先生に認められて、

「愛の讃歌」を自作詞で歌うこと

を決意。クライマックスでは

吹き替えなしでステージで

歌を堂々と披露する。

4_20240528230601

その先生の死んだ母を見離して

パリへ行った見知らぬ父(長塚京三)

が日本に帰ってきていた。

そんな父と娘の再会に、

高畑淳子と剛力彩芽が関わる

ことになる。熟年夫妻の夫と妻の

各話に加え、感動的な再会話が

3大エピソードといった感じで

映画は進行していく。

5_20240528230701

成熟のコメディアンぶりを示す

石橋蓮司、サプライズな登場ぶりの

大村崑、穏やかな葬儀社の社長役の

松下由樹、婚約者の父役・

西村まさ彦、スナックのママさん役

の藤原紀香ら、好感ある脇役陣が

ドラマを弾ませている。


この記事の


「人気ブログランキング・映画全般」

での順位は、

下記のロゴをクリックください。

2024年5月28日 (火)

「天安門、恋人たち」⇒今週の注目リバイバル

6main-image
天安門事件を背景にした
 
官能のラブストーリー
 
 
5月31日の金曜日から、アップリンクの配給により、アップリンク吉祥寺、シネ・リーブル梅田、アップリンク京都ほか、全国順次のロードショー。

本作は2006年製作の中国&フランス合作映画140分。「R-18+」指定映画。

文=映画分析研究所 所長 宮城正樹

ⒸLAUREL FILMS/DREAM FACTORY/ROSEM FILMS/FANTASY PICTURES 2006

★本作はアップリンク主催の試写会に招待されて鑑賞した。

7sub-image1

ロウ・イエ監督の

長編映画第4作目が、

35ミリからデジタル変換して

リバイバル上映される。

昨年のマイ・ナンバーワン

洋画であった

「サタデー・フィクション」

(2019年・中国)を同日に

プレイバックしたが、

作品性でいえば、

サスペンス映画的な

「サタデー・フィクション」とは

相反して
官能のラブストーリー

となった。発表当時、中国当局から

中国国内での上映禁止と

ロウ・イエ監督の5年間の

表現活動の禁止が下された。

9sub-image3

「R-18」指定が示す通り、

性描写の過激さが

問題視されたのだろう。

日本でもそうだが、芸術性の高い

ポルノグラフィーが裁判沙汰に

なったりした過去を振り返る

までもなく、本作も

刺激的なシーンが満載だ。

特にヒロインの性格を示す

本人ナレーションに乗って、

自分のことを知ってもらう一つの

手段としての肉体関係を

強調するあたり、かなり意味深な

性への想いが語られる。

8sub-image2

1989年天安門事件の混乱で

2人の愛が壊れたというよりは、

ラブストーリーの流れとしては

それぞれが何となくといった

感じがあり、あくまで社会的背景

よりは個人の性格によるもの
では

ないか。男はベルリンへ脱出し、

同じ大学時代のヒロインの

女友達と関係を持つが、
ここでも

女性のネガティブが目立つ。

10sub-image4

一方、ヒロインの愛のさすらいは

続いていく。不倫に走り、

子供を堕ろし、愛のない男からの

求婚を受け入れる。わざと愛の

負の方向へとさまよっている

趣きだ。そして、

サプライズと言えるのかどうか、

21世紀に入った2001年の

再会と何とも言えない結末。

恋愛の本質とは何かを感じさせる

芸術度の高い

ラブストーリーである。


この記事の


「人気ブログランキング・映画全般」

での順位は、

下記のロゴをクリックください。

「サタデー・フィクション」⇒2023年洋画マイ・ナンバーワン・プレイバック

3_20231025232801
コン・リー主演

女スパイ・アクション映画
 
オダギリジョーらと対決だ
 
ロウ・イエ監督のモノクロ最新作は
 
洋画年間ベストテン級の仕上がり
 
11月3日の「文化の日」から、アップリンクの配給により、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋、アップリンク吉祥寺、シネマジャック&ベティ、シネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸、アップリンク京都ほか、全国順次のロードショー。

本作は2019年製作の中国映画126分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

ⒸYINGFILMS 2019

★ロウ・イエ監督の「天安門、恋人たち」のリバイバルに合わせ、この記事を再録しました。

Photo_20231025234201

太平洋戦争で日本軍が占領した

上海を舞台にした、

スパイ映画の傑作。

1941年12月1日から開戦の

12月8日までを時制通りに描き、

その間の中国・日本・フランス・

イギリスの丁々発止の情報戦を

スリリングに展開させる。

太平洋戦争・中国を舞台にした

スパイ映画は欧米や韓国などで

作られたが、中でも本作は、

ロウ・イエ監督が1度は

撮りたかったと言う、

全編モノクロの映画なだけに、

当時の怪しく緊張に満ちた

雰囲気がストレートに

反映されている。

映画が始まるなり、

観客はいきなり当時へと

タイムスリップできるのだ。

1_20231025234201

有名女優のヒロイン(コン・リー)

が上海に来る。表向きは演劇への

出演だったが、裏では連合国側

フランスのスパイだった。また、

拘束された夫を救うこともある。

その前振りとして、演劇

「サタデー・フィクション」の

稽古シーン・メイキングシーンが

映される。そして、上演の日の

12月6日の土曜日をポイントに

して、スパイ映画が展開するのだ。

4_20231025234301

こんなコン・リー見たことない

といった怪しきシーンに加え、

銃撃アクション・シーンを

ビビッドに見せていく。

演出家役の台湾のマーク・チャオ

とは恋バナもある。「マタ・ハリ」

(1931年・アメリカ・モノクロ)

のグレタ・ガルボや「間諜X27」

(1931年・アメリカ・モノクロ)

のマレーネ・ディートリッヒら

と相関するが、さすがに

激アクションは2人のスター女優

にはできなかった芸当である。

夫が銃殺されるキャセイ・ホテルの

玄関前のアクション・シーンから

始まる一連の流れは刺激的だ。

さらに日本軍人役のオダギリジョー

に加え、そのボディガード役の

中島歩との1対1対決は、

壮絶なインパクトがある

シークエンスであった。

5_20231025234301

コン・リーとオダギリジョーの

絡みはそれだけではない。

暗号解読のための重大ミッション・

シーンも見どころ充分。最後に

明かされる「ヤマザクラ」の意味。

みんな歴史の事実として

知っているけど、小気味いい

サプライズになっていた。

ということで、ロウ・イエ監督の

最高傑作の登場だ。

今年の外国映画のベストテン級

映画なのは間違いない。


この記事の


「人気ブログランキング・映画全般」

での順位は、

下記のロゴをクリックください。

「ライド・オン」⇒ジャッキー・チェン主演50周年記念作

2_20240527221901
ジャッキーの集大成作品
 
スタント馬との絆を描く
 
 
5月31日のフライデーから、ツインの配給により、“人生の集大成”ロードショー。

本作は2023年製作の中国映画126分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

Ⓒ2023 BEIJING ALIBABA PICTURES CULTURE CO.,LTD., BEIJING HAIRUN PICRURES CO.,LTD.

★本作はツイン主催の試写会に招待されて鑑賞した。

1_20240527223401

70歳ジャッキー・チェン

主演50周年記念の、

集大成作品として本作は登場する。

アクション大作というよりも、

ジャッキー自身の分身と言える

ベテランスタントマンに

キャリア史上初めて扮し、

その人生を回顧すると同時に、

愛馬のスタント馬や娘

(リウ・ハオツン)との絆を描いた、

感動のヒューマン・ドラマだ。

3_20240527223401

馬と人との絆を描いた映画

といえば、これまではサラブレッド

や軍馬などがあったけど、

スタント馬との絆は

本作が初めてではないだろうか。

しかも、娘との絆以上に本作の

メイン・ポイントにもなっていて、

50周年のジャッキー主演作ながら

初ものづくしの作品となった。

4_20240527223401

馬との生活をする引退した

スタントマン。借金のかたに

馬を奪おうとする男との争奪戦を

皮切りに、映画出演で馬が

スタントするシーンが

アクションのポイントで、

ジャッキーはあくまでサブに回る

展開。また、母=妻の死後、

仲違いしていた主人公の

娘との絆が復活。

娘をエージェントに

馬の出演契約をしたり、

娘の婚約者の弁護士とも

裁判などで付き合うことに。

5_20240527223501

さらに、ジャッキーの過去の

スタント・シーンに加え、主人公が

8年前の大ケガでどん底になった

経緯が映される。そして、

スタントマンとしての誠意も描かれ

心地いいシーンが続くが、裁判で

負けて馬が訴訟相手に引き取られ、

馬と別れることに。

娘役のリウ・ハオツンの

清楚な佇まいが美しく、

馬との絆だけでなく、

娘との絆も爽快だ。


この記事の


「人気ブログランキング・映画全般」

での順位は、

下記のロゴをクリックください。

2024年5月24日 (金)

「ユニコーン・ウォーズ」⇒ダーク・ファンタジー・アニメ

2_20240523232301
魔法の森のテディベアと

ユニコーンの戦い
 
戦争の空しさを感じさせる傑作
 
 
5月25日のサタデーから、リスキットの配給により、シアター・イメージフォーラムで先行公開後、5月31日のフライデーから、T・ジョイPRINCE品川、T・ジョイ梅田ほか、全国順次のロードショー。

本作は2022年製作のスペイン・フランス合作映画。

文=映画分析研究所 所長 宮城正樹

Ⓒ2022 Unicorn Wars

★本作はリスキット主催の試写会に招待されて鑑賞した。

1_20240523234901

ディズニー・アニメ系の色使いで

動物たちを描いた上で、

意味深長な反戦映画として

描かれた傑作アニメ。子供向きの

ように見えながら、

セリフの切っ先は鋭く、

かわいさは一瞬にして

狂気へと様変わりする。

6年を費やした製作期間を経て、

2Dと3Dアニメの融合ぶりに

サントラが絡んで

アニメ映画芸術の粋で魅せる。

特集上映はあったけど、本作が

本格的な日本上陸となる
スペイン

のアルベルト・バスケス監督

の最新作だ。

3_20240523235001

あかね色の空を背景に

1頭のユニコーンが登場。

森の自然の世界についての経緯が

ナレーションで解説される。

そして、主人公のアクアマリン色の

テディベア・アスリンが隊を率いて

帰ってこない熊部隊の捜索に

森の奥へと出かけるが、

ユニコーン軍団に襲われて

3頭だけになってしまう。

その間にもムカデを食べて

病気になったベアを感染症を

恐れて殺して燃やすシーン

などがある。3頭のうち

傷ついた1頭も殺して、

さらに2頭は離れ離れになる。

森のサバイバル状況が残虐な

シーンと共に描かれていくのだ。

4_20240523235001

過去の母や兄の家族との

幻影シーンやユニコーンとの激闘

などを含め、せん妄状態の

アスリンのサバイバルに加え、

生き残った残りの1頭との戦い

も待っている。戻ったアスリンの

部隊が再出陣し森を焼くシーンや、

新しく生まれた化け物との対決

など、アクション・シーンが

続いていく。戦争の悲惨さや

空しさが徐々に浮かび

上がってくる作りが

並みのアニメではない。

5_20240523235001

シーケンサーやハードな

バンド・サウンドなど、シーンに

合わせたサントラ使いが

場面場面を盛り上げる。

「聖書」「バンビ」の神聖な美しき

世界に悪魔的戦争映画

「地獄の黙示録」(1979年・アメリカ)

の毒が入り込んで染み渡った

ようなダーク・ファンタジーだ。

この記事の


「人気ブログランキング・映画全般」

での順位は、

下記のロゴをクリックください。

「若武者」⇒U-NEXT発信と劇場世界同時公開

2_20240523225001
癒やしの真逆・

人の気分を害する映画!?
 
ヒマつぶしの若者たちの

三者三様とは?
 
 
5月25日の土曜日から、コギトワークスの配給により、ユーロスペース、池袋シネマ・ロサ、テアトル梅田、アップリンク京都ほか、ロンドン、ニューヨークなど全世界同時公開。また、U-NEXTより同時配信。

本作は2024年製作の日本映画103分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

Copyright 2023“若武者”New Counter Films LLC. ALL RIGHTS RESERVED

★本作はコギトワークス主催の試写会に招待されて鑑賞した。

1_20240523231401

名作の宝庫「ATG」

(アート・シアター・ギルド)などの

作品性や意図を継承する

映画レーベル

「New Counter Films」

による第1弾映画。

「誰もが観たい映画でなく、

誰かが観たい映画をつくる」を

コンセプトに映画作家性を

重視した作品を製作する。しかも、

単館系ながら世界同時公開

だけでなく、配信も同時という

画期的な発表体制にある。

3_20240523231501

第1弾を監督するのは、

昨年のカンヌ国際映画祭に、

脚本賞を受賞した

是枝裕和監督「怪物」と共に

コンペティション部門で正式出品

されたメジャー・デビュー作

「逃げきれた夢」(2023年)の

監督・二ノ宮隆太郎。

リアリティーある人間ドラマ作り

に長けているが、本作では

若者3人をメインに、

群像劇的スタイルでいった。

幼なじみの3人、渉(坂東龍汰)・

英治(高橋里恩)・光則(清水尚弥)

3人3様の生き方が描かれるが、

最初は道行くいろんな人に対する

英治の一方的なトークが目立ち、

くだらないネガティブな文句や

言いがかりばかりで、何だか

不愉快な気分にさせる流れだなと

感じるものの、その流れは

ある人物の行動で一気に中断する。

「一瞬で人間関係が変わる」

このシーンは、本作の

ポイントにもなるシーンだ。

4_20240523231501

3人は同じく幼なじみで若くして

死んだ友人の墓参りに行くのだが、

ヒマつぶしを兼ねたその途上と

墓参り後にさまざまなことが

起こる。豊原功補が演じる義父を

殺したいと思っている渉は

どう出るのか。3人と絡む

喫茶店主役の岩松了、

介護士の光則と介護される役の

木野花とのやり取りなど、

ベテラン脇役陣の渋みと共に、

若者たちの無鉄砲・

無軌道ぶりが露呈される。

5_20240523231501

シャープなロングショット、

長回し撮影に加え、

幼稚だけど独特なセリフ回しで、

ヌーベルバーグの意味深とは

違うものの、Z世代の根無し草の

ような抵抗ぶりが描かれる。

「気持ち悪い」のセリフと共に

「革命」の言葉が同居する

現代の若者の姿が

生々しく捉えられた怪作だ。

この記事の


「人気ブログランキング・映画全般」

での順位は、

下記のロゴをクリックください。

2024年5月23日 (木)

癒やしの日本映画「三日月とネコ」

2_20240520125501
癒やしの共同生活映画
 
優しい演技のアンサンブル
 
 
5月24日の金曜日から、ギグリーボックスの配給により、TOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ池袋、ユナイテッド・シネマ豊洲、TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば、TOHOシネマズ二条ほか、全国ロードショー。

本作は2024年製作の日本映画112分。

文=映画分析評論家・宮城正樹

Ⓒ2024 映画「三日月とネコ」製作委員会 Ⓒウオズミアミ/集英社

★本作はギグリーボックス主催の試写会に招待されて鑑賞した。

1_20240520131101

女性2人男性1人とネコの

共同生活映画。

「キッチン」(1989年)

「ハッシュ!」(2001年)

「パレード」(2010年)など、

共同生活映画は1ジャンルと

いってもいいくらい存在するが、

本作の場合は人間関係の中に

ネコが入ることで癒やしの時間と

空間が生まれるという

新鮮味を加えた。

3_20240520131201

ネコ映画でもあるが、

 ネコを通して人間を描く

「グーグーだって猫である」

(2008年)のスタイルではなく、

あくまでネコは癒やしの媒介

として捉えられ、メインは

人と人のつながりである。

熊本地震をきっかけに、

部屋から外に出て出会った3人が

意気投合し、ネコのミカヅキと共に

共同生活を始める。

書店で働く40代独身女性・灯

(安達祐実)、30代の精神科医の

女医・鹿乃子(倉科カナ)、

20代のアパレルショップに勤める

仁(渡邊圭祐)の3人。

全員優しいキャラクターを

素のままに演じている

といった感じで、そのアンサンブル

がさらなる癒やしを運んでくる

ような演技性を示している。

4_20240520131201

存在感ある小林聡美の演技、

ユニークでシャイな役に挑んだ

石川瑠華、灯に恋する山中崇ら、

バイプレーヤーも3人の演技性と

融合・調和する。灯が彼氏と

一緒に住むことになり、共同生活が

崩れそうになっても、

土壇場で逆転がある。

「私たちは家族だ」などと

言わなくても、絆ある

共同生活の在り方が、自然と

見えてくる作りになっているのだ。

5_20240520131201

熊本ロケ入りだが、

地震の後遺症もなく、

美しい自然を映しつつ

スリー・ショットを中心に、

3人をひと組として

クローズアップしていく作り。

「市子」の脚本を書いた上村奈帆

の商業映画監督デビュー作。

女性監督らしい癒やしの視点、

そのナイーブな感性が光っている。

そして、ラストロールで流れる

主題歌のHomecomingsの

フィメール・ギター・ポップ

「Moon Shaped」が映画の

穏やかな余韻を深める。


この記事の


「人気ブログランキング・映画全般」

での順位は、

下記のロゴをクリックください。

2024年5月20日 (月)

アンチ・パリ映画「バティモン5 望まれざる者」

2_20240520121601
「レ・ミゼラブル」に続き
 
アンチ・パリ映画の

問題作、再び!
 
パリ・オリンピックを前に

日本上陸!
 
 
5月24日のフライデーから、STAR CHANNEL MOVIESの配給により、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、テアトル梅田、なんばパークスシネマほか全国ロードショー。

本作は2023年製作のフランス・ベルギー合作による105分。

文=映画分析研究所 所長 宮城正樹

ⒸSRAB FILMS - LYLY FILMS - FRANCE 2 CINĒMA - PANACHE PRODUCTIONS - LA COMPAGNIE CINĒMATOGRAPHIQE - 2023

★本作はSTAR CHANNEL MOVIES主催の試写会に招待されて鑑賞した。

1_20240520123901

パリを舞台にした映画といえば、

一部の芸術作品やエンタ作品

を除き、「花のパリ」らしい

ある種の品格がある

映画が多かった。だが、本作は

パリ郊外の問題街区を

クローズアップした映画である。

アンチ・パリ映画といった

ノリで物語は展開する。移民たちの

多いスラムの住民たちと、

再開発を進めたい行政との対立が

深刻化していく事態を

ドライに描いた。

3_20240520124001

同日にプレイバックした、

ラジ・リ監督の前作

「レ・ミゼラブル」(2019年・

フランス)もパリ郊外が舞台で、

警察対少年たちの攻防戦を

ダイナミックに描き、

カンヌ国際映画祭で審査員賞を、

セザール賞で最優秀作品賞を含む

4冠を受賞し高い評価を得た。

そして、本作もまたその高い

テンションを、キープした

会心作となった。共に徐々に

エスカレートしていく作りに

サスペンスフルの肝がある。

4_20240520124001

パリ郊外の10階建てのスラム団地。

エレベーターが何年も壊れたまま

なので、棺桶を上から下へと

運ばなければならない。冒頭から、

そんな一幕が取り上げられる。

続いて、老朽化した団地を爆破、

そのあおりの爆風を受け

スイッチを押した市長が死亡する。

棚ぼたで臨時市長になった医者

(アレクシス・マネンティ)だが、

居住棟の再興と治安に燃えていた。

やがて彼は夜間外出禁止令や

強制退去の強硬手段に出る。

片や、
移民たちのケアスタッフの

ヒロイン(アンタ・ディアウ)は、

市長選に立候補するが…。

臨時市長とヒロインの対立構図が、

ドラマに深みを与えている。

5_20240520124001

アンタ・ディアウの

エモーショナルな演技は、

観客の共鳴度の高い好演だ。

対するアレクシス・マネンティは

悪にはなりきれないけど

クールイズムで勝負している感じ。

2派の対立がどんな着地を

見せるのか、2人の演技

と共に注目しよう。


この記事の


「人気ブログランキング・映画全般」

での順位は、

下記のロゴをクリックください。

«「レ・ミゼラブル」⇒名作プレイバック!